地域情報

文科大臣表彰に 石田、瀬戸両小学校。

文部科学省は13日、本年度学校保健と学校安全表彰(文部科学大臣表彰)の受賞者を発表。本市から学校保健に瀬戸小学校(末永統子校長、76人)、学校安全に石田小学校(中上一義校長、225人)が選ばれた。本年度は表彰式は実施されない。

瀬戸小は、基本的な生活習慣の改善に向け、家庭で取り組んだことにチェックを入れる「ぐんぐんバンクカード」や夕食後などにテレビの視聴やゲームをしない「メディアリセットカード」を活用。児童自らが目標設定し、保護者や教師からのコメントを直接受けることができるようにしている。また、また、児童会活動で毎週金曜日の休み時間に音楽を聴きながら外を見て、目のストレッチをする「アイタイム」や体づくりに取り組む「ハッスルタイム」を実践している。

石田小は平成30年の文科省指定の学校安全総合推進事業の拠点校として防災教育の実践研究を進め、防災教育や安全教育全般をコーディネートする担当者を配置したほか、災害や事案に対応する危機管理マニュアルを見直した。

また、年3回行う避難訓練のうち1回は、昼休みなど教師が付き添わない状況で「迷って考える避難訓練」を実施。避難方法を児童自ら考えるようにし、実施前と後にチェックシートで行動を確認させるなど、より実効性の高い訓練を行っている。また、災害時の保護者への引き渡し手順を確認するため、参観日を利用して引き渡し訓練を実施。車の進入ルートなど確認し、他校へその実証結果を知らせている。

関連記事

  1. ねんりんピックまで1年 カウントダウンボード設置
  2. 新庁舎建設を断念
  3. タイワンリスの被害拡大。光ケーブル切断相次ぐ。昨年は1万6300…
  4. ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。
  5. ジュディ・オングさん来島 トークショー、サイン会を開催
  6. タブレット導入を検討 ICT推進特別委
  7. ツルの北帰行始まる。山崎地区に約50羽の群れ。
  8. 「条例違反は判断できず」政論審調査結果をまとめる。入札除外問題

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP