© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20153/20

壱岐の伝説を作ったB’zライブ

syasetsu「心は伝わる」ことを肌で感じた。B’zコンサートが13日、無事に終了した。これだけの超大物アーティストが来島してのコンサート開催は、壱岐の歴史上、初めてとも言える出来事だった。
それはそうだろう。市内最大のホールが観客収容最大1025席の壱岐文化ホール。今回は全席S席で8800円。満席で9百万円ほどの売上にしかならない。来場者が少なければグッズやCD販売額も少ない。それでも出演者・スタッフ約百人とツアーバス4台などが来島し、2泊滞在した。その経費を考えれば、コンサートは成功でも数千万円規模の大赤字という計算になる。天候不良によるフェリー欠航のリスクも背負っていた。大物であればあるほど、離島でのコンサートは難しいことなのだ。
それでもB’zの2人は、自らの意思で壱岐を選んで、訪れてくれた。市民にとって、これほど嬉しいことはない。その感謝の気持ちが「B’zライブ歓迎委員会」の立ち上げにつながった。1面の記事だけではとても紹介し切れないほど、多くの人が“おもてなし”に参加した。
トラブルもあった。直前になって大手旅行会社から宿泊の大量キャンセルがあった。怒り心頭な事態だったろうが、宿泊施設の代表は「満室で多くのお客様をお断りしてしまった。どこにも泊まれないで野宿をして、体調を崩した人、嫌な気持ちになった人はいなかっただろうか」とまず来島者を心配した。別の施設では直前でもキャンセル料を取らなかった。「またいつか来ていただければ」と話した。壱岐ならではのエピソードだった。
“おもてなし”が大成功だったことは、開演前の文化ホール周辺での取材でよく判った。来島したみんなが笑顔、笑顔、笑顔で、フードコーナーで壱岐牛やカキの炭火焼、壱岐焼酎の無料試飲を楽しみ「壱岐、サイコー!!」とコメントした。B’z2人のMCでの言葉を待つまでもなく、歓迎委スタッフの労は報われた瞬間だった。みんなの心が通い合った、EPICな壱岐の3日間だった。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

20192/15

堀江貴文さんとIki-Biz森センター長が対談イベント。地方の豊かな可能性を説く。

実業家の堀江貴文さん(46)とIki‐Bizの森俊介センター長(34)が11日、壱岐の島ホールで対談イベント「これからの地方の可能性」(Ik…

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所か…

20192/8

明石市長問題で考えること。

市職員に対しての暴言で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長の話題がテレビのワイドショーで大きく取り上げられ、ネットでも様々な意見が噴出している…

ページ上部へ戻る