地域情報

花満開の壱岐路を満喫 一支国ウォークに614人

一支国ウォーク(満開の梅林) 「第6回一支国ウォークin壱岐」(同実行委員会主催)が7・8日に計4コースで行われ、延べ614人(島外参加者151人)が新春の壱岐路をウォーキングした。
7日は新設された壱岐文化ホール発着の「郷ノ浦湾一望・春一番の塔6㌔コース」と「壱岐のご利益巡り10㌔コース」。8日は例年人気の高い「悠久の地と白砂青松の地を歩く12㌔コース」と「美しい日本の歩きたくなる道500選20㌔コース」。両日とも好天に恵まれ、7日は最高気温11・9℃、8日には13・0℃(ともに石田測候所観測)のポカポカ陽気で、参加者は壱岐の名所や満開を迎えた梅の花などの景色を満喫した。

関連記事

  1. ハイジャック事件を想定。壱岐空港で訓練実施。
  2. 「責任は知事と我々政治家に」山本県議が国境離島新法で追及。県議会…
  3. 生涯学習と伝承 石田野広場で交流
  4. ヘルパンギーナ流行 ウイルス性咽頭炎
  5. 子牛平均価格77万円台に回復。前回から10万円弱の高騰。
  6. 壱岐の女性ランナー2人が100㌔挑戦 壱岐ウルトラマラソン
  7. 「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た
  8. 12月会議からタブレット導入へ 市議会ICT推進特別委

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP