地域情報

花満開の壱岐路を満喫 一支国ウォークに614人

一支国ウォーク(満開の梅林) 「第6回一支国ウォークin壱岐」(同実行委員会主催)が7・8日に計4コースで行われ、延べ614人(島外参加者151人)が新春の壱岐路をウォーキングした。
7日は新設された壱岐文化ホール発着の「郷ノ浦湾一望・春一番の塔6㌔コース」と「壱岐のご利益巡り10㌔コース」。8日は例年人気の高い「悠久の地と白砂青松の地を歩く12㌔コース」と「美しい日本の歩きたくなる道500選20㌔コース」。両日とも好天に恵まれ、7日は最高気温11・9℃、8日には13・0℃(ともに石田測候所観測)のポカポカ陽気で、参加者は壱岐の名所や満開を迎えた梅の花などの景色を満喫した。

関連記事

  1. 先輩は救命救急医 渡良小卒業生が講義
  2. ようこそ、壱岐へ 離島留学生入市式
  3. 県内本市のみ2単独事業採択 地方創生事業交付金4490万円
  4. 壱岐限定の漫画雑誌を販売。COZIKIプロジェクト。
  5. 松下が県高総体八百メートル優勝。壱岐勢6人が北九州大会進出。
  6. 中国語コンテストで4人入賞 壱岐高の離島留学生
  7. 46チーム351人が汗 第15回少年フットサル大会
  8. イスズミ料理の誕生秘話。対馬・犬束さんが講演。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP