© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20152/27

芦辺は惜しくも準優勝 市長旗中学生軟式野球

中学野球(4回、高い外し球を見事にスクイズした芦辺・目良) 第9回壱岐市長旗中学生軟式野球大会が21、22日に青嶋公園グラウンドなどで島内4チーム、島外7チームの計11チームが出場して開催された。降り続く冷たい雨で日程変更、グラウンドコンディション不良の厳しい条件だったが、球児は泥だらけになりながらさわやかなプレーを見せた。壱岐勢は4チーム中3チームが準決勝に進出する活躍。決勝は山澄(佐世保市)と芦辺の対戦となり、延長8回タイブレークの末、山澄が4‐3で競り勝ち、初優勝を果たした。
山澄は1回、四球とパスボールで無死二塁のチャンスを作り、三塁ゴロ2本の間に1点を先取。3回にも敵失間に1点の追加点を挙げた。
だが芦辺が粘りを見せた。4回無死、3番神保がチーム初安打となる左翼へのエンタイトル二塁打で出塁。4番本田も四球でチャンスを広げると、6番目良が高く外れるウエストボールを、バットを立ててスクイズに成功し反撃の1点。さらに山澄・井手投手のワイルドピッチで本田も生還して同点に追いついた。
5回以降は芦辺の2番手・神保が無安打ピッチングに抑え、試合はそのまま7回を終了。延長8回は無死満塁からのタイブレークに突入した。中学野球(好リリーフの芦辺・神保投手)8回表は神保が連続三振を奪い二死としたが、捕手からのけん制悪送球と内野の失策で2失点。芦辺はその裏、挟殺プレー間に1点を返したものの、あと1点が及ばなかった。
岩﨑浩人監督は「守れるか、(バントで)送れるか、そうした1つ1つのプレーが大切なことがよく判ったと思う。だが優勝できるだけの力があることも判った。自信を持って今後の大会で戦ってもらいたい」と選手たちを鼓舞した。

目良翔太主将(2年)は「エラーが多く、決勝で負けたのは悔しかったが、準優勝という結果は自信になった」、好リリーフの神保大稀投手(2年)は「調子は良かった。もっと長いイニングを投げられるように練習したい」とスタミナ強化を課題に上げた。
【成績】▼1回戦 TK(対馬市)8‐7内浜(福岡市)、山澄(佐世保市)4‐3厳原(対馬市)、芦辺4‐1志免(福岡県志免町)▼2回戦 勝本6‐3TK、山澄5‐3石田、芦辺7‐4北斗(対馬市)、郷ノ浦7‐6美津島(対馬市)▼準決勝 山澄3‐1勝本、芦辺4‐3郷ノ浦
▼決勝
山澄
10100002-4
00020001-3
芦辺
(特別延長8回)

中学野球(優勝旗、盾を受け取る両チームキャプテン)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20181/5

神社の数「世界一」。ギネスブックに申請。

「神社の密度、世界一」。壱岐島にキャッチフレーズが増えるかもしれない。市はこのほど、本市の新たな魅力発信を目的に、神社の数に関してギネスブッ…

20181/5

壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。

Iki‐Bizがアイデアを提供するのに対して、市ふるさと商社は商品開発にも協力するが、その重点を「掘り起こし」「ブランド化」「販売」に置いた…

20181/5

移住促進に意識改革を。

2018年の壱岐にとって最も重要な施策は「移住」だと思う。「働く場所の確保」「子育て環境の整備」ももちろん重要だが、仕事は特に必要がない年金…

20181/5

Iki‐Bizが壱岐を変える。新商品・サービスに成果。

2018年の本市の地方創生を大きく左右する役割を担っているのが、昨年8月にオープンした壱岐しごとサポートセンター「Iki‐Biz」(郷ノ浦町…

201712/29

壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(68)と盈科小学校交通少年団の9人が22日、壱岐署に手作りの門松1対を寄贈した。綿井さんは門松寄贈を15年以…

ページ上部へ戻る