© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20152/27

芦辺は惜しくも準優勝 市長旗中学生軟式野球

中学野球(4回、高い外し球を見事にスクイズした芦辺・目良) 第9回壱岐市長旗中学生軟式野球大会が21、22日に青嶋公園グラウンドなどで島内4チーム、島外7チームの計11チームが出場して開催された。降り続く冷たい雨で日程変更、グラウンドコンディション不良の厳しい条件だったが、球児は泥だらけになりながらさわやかなプレーを見せた。壱岐勢は4チーム中3チームが準決勝に進出する活躍。決勝は山澄(佐世保市)と芦辺の対戦となり、延長8回タイブレークの末、山澄が4‐3で競り勝ち、初優勝を果たした。
山澄は1回、四球とパスボールで無死二塁のチャンスを作り、三塁ゴロ2本の間に1点を先取。3回にも敵失間に1点の追加点を挙げた。
だが芦辺が粘りを見せた。4回無死、3番神保がチーム初安打となる左翼へのエンタイトル二塁打で出塁。4番本田も四球でチャンスを広げると、6番目良が高く外れるウエストボールを、バットを立ててスクイズに成功し反撃の1点。さらに山澄・井手投手のワイルドピッチで本田も生還して同点に追いついた。
5回以降は芦辺の2番手・神保が無安打ピッチングに抑え、試合はそのまま7回を終了。延長8回は無死満塁からのタイブレークに突入した。中学野球(好リリーフの芦辺・神保投手)8回表は神保が連続三振を奪い二死としたが、捕手からのけん制悪送球と内野の失策で2失点。芦辺はその裏、挟殺プレー間に1点を返したものの、あと1点が及ばなかった。
岩﨑浩人監督は「守れるか、(バントで)送れるか、そうした1つ1つのプレーが大切なことがよく判ったと思う。だが優勝できるだけの力があることも判った。自信を持って今後の大会で戦ってもらいたい」と選手たちを鼓舞した。

目良翔太主将(2年)は「エラーが多く、決勝で負けたのは悔しかったが、準優勝という結果は自信になった」、好リリーフの神保大稀投手(2年)は「調子は良かった。もっと長いイニングを投げられるように練習したい」とスタミナ強化を課題に上げた。
【成績】▼1回戦 TK(対馬市)8‐7内浜(福岡市)、山澄(佐世保市)4‐3厳原(対馬市)、芦辺4‐1志免(福岡県志免町)▼2回戦 勝本6‐3TK、山澄5‐3石田、芦辺7‐4北斗(対馬市)、郷ノ浦7‐6美津島(対馬市)▼準決勝 山澄3‐1勝本、芦辺4‐3郷ノ浦
▼決勝
山澄
10100002-4
00020001-3
芦辺
(特別延長8回)

中学野球(優勝旗、盾を受け取る両チームキャプテン)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20202/21

VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。

壱岐少年サッカークラブ(SSC)に所属する山田大翔(ひろと)さん(瀬戸小6年)が、4月からVファーレン長崎U‐15アカデミーに入部することが…

20202/21

元ホークス戦士が実践指導。壱岐若鷹会が少年野球教室。

福岡ソフトバンクホークスの応援を通して島内の野球振興などに取り組んでいる壱岐若鷹会(西村善明会長)は11日、芦辺・ふれあい広場で、ソフトバン…

20202/21

雨海、野村が区間賞。県下一周駅伝大会。

第69回郡市対抗県下一周駅伝大会が2月14~16日、長崎市茂里町の長崎新聞社前発着の42区間407・3㌔に11チームが出場して行われ、壱岐は…

20202/14

2百羽のツル大群が飛来。春告げる北帰行が本格化。

鹿児島県出水平野で越冬していたマナヅル、ナベヅルの繁殖地である中国東北部方面へ向かう北帰行が2月に入り本格化し、本市の深江田原や石田町山崎触…

20202/14

低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

市と東京大学先端科学技術研究センター(東京都目黒区、神崎亮平所長)は7日、市役所郷ノ浦庁舎で「壱岐市の持続可能な地域づくりに関する連携協定」…

ページ上部へ戻る