© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら

門松(綿井さん(右)と門松づくりを行った盈科小児童)地域防犯リーダーの綿井信久さん(66)と盈科小学校交通少年団の8人が昨年12月24日、壱岐警察署に手作りした門松を寄贈した。
綿井さんは門松寄贈を10年以上続けており、平成24年からは児童とともに交通安全、地域安全を祈願して共同制作を行っている。
この日も綿井さんが安国寺近くの竹林で伐採した青竹を、児童らがのこぎりで同じ長さに切り揃えて竹筒を作成。この竹筒を土台にして門松飾りを組み立て、梅、ナンテン、葉牡丹などで装飾。約2時間かけて高さ約1・5㍍の門松1対を完成させた。
綿井さんは「子どもたちにとって警察というと敷居の高さを感じる部分があるが、このような交流によって警察に親しみを持ち、相談などしやすくなってくれれば良い」と地域防犯リーダーとしての願いを込めた。盈科小の鶴崎友則さん(6年)は「門松を作るなんて初めての経験でした。ノコギリを使うのは難しかったけれど、きれいな門松が出来てうれしかったです」と満足そうな表情を浮かべた。
寄贈を受けた中嶋欣也署長は「思っていた以上に立派な門松でビックリした。きっと27年は壱岐署、市民にとって良い年になる」と感激した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20185/18

ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。

九州地方環境事務所は11日、壱岐市内で8日に特定外来生物であるツマアカスズメバチ1個体を捕獲したと発表した。 市内では昨年9月に初めて…

20185/18

「ウエストリー」に見る地方創生。

「WESTORY」(ウエストリー)というブランドを聞いたことがあるだろうか。長崎県北部にある3つの老舗縫製工場が昨年10月に立ち上げた、メイ…

20185/18

日本初の無人機実証実験。国境監視、海難救助に期待。

米国の遠隔操縦航空機大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(以下、GA社)は10日、壱岐空港を拠点に無人機「ガーディアン…

20185/11

1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加し…

20185/11

フェイスブックの有効な活用を。

壱岐市役所のフェイスブックページが4月27日に開設された。「自治体や首長もSNSを利用して積極的に情報発信をすべきだ」との要望は、これまで市…

ページ上部へ戻る