© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら

門松(綿井さん(右)と門松づくりを行った盈科小児童)地域防犯リーダーの綿井信久さん(66)と盈科小学校交通少年団の8人が昨年12月24日、壱岐警察署に手作りした門松を寄贈した。
綿井さんは門松寄贈を10年以上続けており、平成24年からは児童とともに交通安全、地域安全を祈願して共同制作を行っている。
この日も綿井さんが安国寺近くの竹林で伐採した青竹を、児童らがのこぎりで同じ長さに切り揃えて竹筒を作成。この竹筒を土台にして門松飾りを組み立て、梅、ナンテン、葉牡丹などで装飾。約2時間かけて高さ約1・5㍍の門松1対を完成させた。
綿井さんは「子どもたちにとって警察というと敷居の高さを感じる部分があるが、このような交流によって警察に親しみを持ち、相談などしやすくなってくれれば良い」と地域防犯リーダーとしての願いを込めた。盈科小の鶴崎友則さん(6年)は「門松を作るなんて初めての経験でした。ノコギリを使うのは難しかったけれど、きれいな門松が出来てうれしかったです」と満足そうな表情を浮かべた。
寄贈を受けた中嶋欣也署長は「思っていた以上に立派な門松でビックリした。きっと27年は壱岐署、市民にとって良い年になる」と感激した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20193/22

壱岐初の朝食漁師レストラン「かもめの朝ごはん」開店。

壱岐で初めての漁師レストラン「かもめの朝ごはん」が16日、郷ノ浦漁協セリ市場に隣接した一角で開店した。運営は壱岐美食企画(永村義美代表)。有…

20193/22

島外の生活を知ることも重要。

3月は別れの季節。県振興局や教職員の人事異動、島外に進学・就職する高校生らが、七色の紙テープに見送られながら港から島を去っていく。何度経験し…

20193/22

福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客にも大きな痛手。

福岡市議会は13日の3月議会最終本会議で、博多駅と博多港を結ぶロープウェー計画を検討する5千万円の予算を削減した、新年度予算案の修正案を可決…

20193/15

アンパンマンに大歓声。JA壱岐市がショー開催。

JA壱岐市は3日、芦辺町の壱岐家畜市場多目的集出荷場施設内で「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」を開催。午前中の第1回公演には400人…

20193/15

天井が低い大谷体育館。

2、3日に開催されたスプリングカップ中学生バレーボール大会には、島外からも多くの参加があり、男女ともに地元の芦辺が優勝して盛り上がった。残念…

ページ上部へ戻る