© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201412/19

年金世代の移住策を講じては

syasetsu 2週前の社説で指摘したUIターン者支援策について、市議会12月会議一般質問で呼子好議員がいくつかの質問を行った。その中で北海道雨竜町、島根県出雲市が行っている積極的なUIターン誘致策の例を出して、壱岐市の現状について市長に答弁を求めた。
市長は「UIターン者に対して空き家・空き地情報をホームページで提供している」と市の取り組みを強調したが、その利用状況は、情報提供を始めた平成18年からトータルで、空き家は20件が契約成立うちIターン者6件、Uターン者1件で、残りは地元民の利用。空き地は15件の成立で、Iターン者2件、地元民13件。UIターン者の利用は8年間で家7件、土地1件。この数字では効果を上げているとは言えない。
現在も空き家5件、土地2件が掲載されているが、空き家は同じ物件が以前から掲載され続けており、改修、整理、本格的な清掃が必要では成約は厳しい。市長や担当者が「この家なら私が住みたい」と思うような物件の掲載が望まれる。
Iターン希望者が多く利用している一般社団法人移住・交流推進機構の「JOIN ニッポン移住・交流ナビ」は全国自治体のUIターン情報が網羅されているが、長崎県のところには五島市、対馬市、平戸市など県と6市町の情報は掲載されているが、壱岐市は掲載がない。
県ホームページのながさき田舎暮らし情報局には壱岐市の情報も掲載されているが、「移住者への特典」として書かれているのは「『日本の渚百選』や『快水浴場百選』にも選ばれる美しい海水浴場が点在するほか、イルカと触れあえるイルカパークやウニやサザエを簡単に取ることができる磯場などもあります」(原文まま)。確かに美しい海は魅力だが、「特典」とは言葉の意味が違う。
「まずは働く場の確保が重要」と市長が言うことにも一理あるが、仕事がなくても老後の田舎暮らしを望んでる年金世代は多い。定住人口増加に即効性がある年金世代の移住に、さらに積極的に取り組むべきだろう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20182/16

「美しい日本語の話し方」、劇団四季の俳優が授業。

本市で公演を行った劇団四季の俳優3人が5日、渡良小学校の4~6年生の児童38人を対象に「美しい日本語の話し方教室」を開いた。講師を務めたのは…

20182/16

もっと繋がる公衆無線LANを。

やや古いデータだが、観光庁が昨年2月に発表した訪日客への調査で、「旅行中に困ったこと」の1位は「施設などのスタッフのコミュニケーション」で3…

20182/16

原子力規制委と意見交換会。「住民は不安」、白川市長ら訴え。  玄海原発3号機16日燃料装填へ。

原子力規制委員会(NRA)の更田(ふけた)豊志委員長(工学者=原子炉安全工学、核燃料工学)と山中伸介委員(工学者=原子力工学、核燃料工学)が…

20182/9

「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。

節分の3日、一支国博物館で「キッズDAY!レッツ節分」が開かれた。昨年に続いて2回目で、児童と保護者120人が参加した。 参加者は節分…

20182/9

一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。

劇団四季のファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」の本公演が4日、市内小学生らを招待した同「こころの劇場」が5日、壱岐の島ホール大ホール…

ページ上部へ戻る