© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開

イエネコ(発掘作業が続けられているカラカミ遺跡) 本紙9月5日号で伝えた「日本最古イエネコの骨」(カラカミ遺跡から出土)が、一支国博物館3階多目的ホールで開催中の「弥生の動物園 特別公開展示」で、初めて一般公開されている。11月23日まで、入場無料。他に魚類、鳥類、ネズミ・タヌキ・イヌ・イノシシなど哺乳類の計100点の骨が展示されている。
イエネコの骨(とう骨=前腕の骨)は平成23年度の市教育委員会によるカラカミ遺跡(勝本町)発掘調査で時代を特定できる溝から発見されたもので、いまから2200年前から1700年前の弥生時代中期~後期のものであると特定された。
同遺跡で発見された千点以上の動物の骨とともに奈良文化財研究所に分析を依頼し、この1点が「イエネコ」であると同定された。
これまで考古学的に時代がはっきりとしたイエネコの骨の発見例は、神奈川県鎌倉市の「千葉地東遺跡」で確認された鎌倉時代(13世紀代)のものが最古で、実物資料としては約1300年の歴史を塗り替えたことになる。
カラカミ遺跡からは平成16~20年の九州大学の調査でイエネコの骨12点が発見されており、放射性炭素年代測定で弥生時代中期末のものと分析されているが、この骨が発見されたのは考古学的には時代が特定できない「包含層」からの出土だった。
カラカミ遺跡は今年度も市による発掘調査が続けられており、さらに新たな発見が期待されている。

イエネコ(日本最古が判明したイエネコの骨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る