地域情報

親子で月見だんご 原の辻ガイダンス

月見だんご(だんご作りに子どもたちは大喜び) 原の辻一支国王都復元公園の「お月見だんごづくり」(一支国研究会主催)が13日、原の辻ガイダンスで行われ、親子連れなど30人が参加。古代米の黒米の粉をこねて、あんこ、きなこをまぶし、串に刺した月見だんごを手作りした。
郷ノ浦町から長女・心さん(3)と参加した中里康子さん(27)は「家では子どもになかなかさせてあげられない経験なので、親子で楽しめました。満月は過ぎてしまいましたが、今晩は家族で月見をします」と楽しそうに語った。
一支国研究会は今年の古代米について「日照不足の影響で収穫の遅れが多少心配されるものの、レンゲ草を一緒に植えたことで、レンゲ草の根に宿る根粒菌による空中窒素固定がうまくいって、まずまずの実入りが期待できそうだ」と話しており、予定通り10月11日に刈り入れ祭の開催を予定している。

 

関連記事

  1. 遂に平均65万6千円超え 壱岐家畜市場4月子牛市
  2. 「壱岐のほとけさま」展示。一支国博物館特別企画展
  3. 40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団
  4. 弥生土器でひな壇 一支国博物館
  5. チューリップが満開。半城湾沿いの牧永さん畑。
  6. 壱岐から鎮魂の灯。ワックスボウル点灯。
  7. 九州大会で揮毫(きごう) 壱岐高2年、山内樹人さん
  8. 壱岐合宿で調整 九電工女子陸上部

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP