スポーツ

壱岐出身2選手が優勝目指す ソフトボール・豊永優

国体・豊永さん(地元・壱岐での力投を誓った豊永さん)

長崎がんばらんば国体(10月12~22日)開幕まであと254日。ハード、ソフトの両面から様々な準備が進められている。壱岐市で開催されるソフトボール成年女子で、長崎県チームのエースとして期待が掛けられている豊永優さん(IPU環太平洋大学3年=壱岐高~渡良中~渡良小)と、優勝候補のバレーボール成年男子の中心選手、山川賢祐さん(筑波大3年=大村工~武生水中~志原小)の壱岐出身選手2人に、地元国体へ賭ける思いを聞いた。
★ソフトボール成年女子
豊永 優選手
‐長崎国体、しかも故郷・壱岐での試合。いまから気持ちが昂ぶっているのではないか。
▽豊永 2014年が来るのをずっと楽しみにしていました。地元で国体に出場できるかもしれないなんて、ものすごいラッキーなことだと思います。1試合でも多く、地元の皆さんに見てもらいたいですので、とにかく頑張るだけです。
‐いつから国体を意識していたのか。
▽豊永 渡良小3年の時から兄の影響でソフトボールを始め、ずっと投手をやっていたのですが、中学2年から人数不足でソフトボール部がなくなってしまい、バレーボール部に入りました。高校入学の時には、どうしようか迷ったのですが、ソフトボールを続けて本当に良かったです。
高校2年で高校総体県大会3位になり、少し自信が出てきて、3年生の時に長崎国体、壱岐でのソフトボール成年女子の開催が決まりました。その時から「こんなチャンスはない」と思い、ソフトボールが盛んで、しかも将来は教員資格が取れる大学に進学しようと決めました。だから、国体は高校生の時からずっと意識していました。
‐昨年の東京国体は長崎チームのエースとしてベスト8入りに貢献した。
▽豊永 1回戦の大阪戦は1‐0で勝ったのですが、準々決勝は準優勝した愛媛との対戦で、タイブレークが10回まで行き、3‐4で負けてしまいました。それでも10回まで1人で投げ切れたことは、大きな自信になりました。体力面で成長したなと思いました。
‐国体で対戦したい相手は。
▽豊永 私のストレートは最高で99㌔ですが、東京大会で優勝した群馬の上野由岐子さん(北京五輪金メダリスト)は120㌔も出るのです。野球だったら160㌔に相当するそうです。東京では宿泊先が同じでお会いしましたが、すごいオーラでした。ぜひ対戦してみたいです。
うちの大学は全日本インカレ3位のチームで、国体にも岡山代表で3年連続出場しているので、そのメンバーとも試合がしたいですね。
‐壱岐の子どもたちに国体で見てもらいたいところは。
▽豊永 県の代表選手が頑張っている姿を見てもらいたいですね。壱岐の子どもたちにとってはソフトボールは身近なスポーツだと思うので、楽しんでもらえると思います。ソフトボールはチームプレー。1人が打つと、みんなが盛り上がる。それが最高の魅力です。
‐将来の夢は。
▽豊永 壱岐で学校の保健体育の先生になりたい。昨年10月から1か月間、母校の渡良小で教育実習を行いました。壱岐の子どもたちと一緒にソフトボールをもっと盛り上げていきたいですね。

関連記事

  1. 警察業務に関心 中学生が職場体験
  2. 筒城浜で稽古始め 剛柔流空手道修練会
  3. 壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 
  4. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  5. 児童が一般質問 盈科小模擬議会
  6. 竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める
  7. 本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室
  8. 離島留学生5人を入市式で歓迎 壱岐高校東アジア・中国語コース

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP