© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

ブロック間の連携を ごっとり市場会議

ごっとり市場(あいさつした松尾振興局長) 総予算1億2500万円で26年度までの2か年に地域発の地域づくりを目指す「壱岐島ごっとり市場プロジェクト」の進捗状況、問題点、今後の展開などについて話し合う会議が11日、壱岐振興局の主催で行われ、同プロジェクトで体験活動インストラクターを担当する各団体・ブロックのメンバーら約50人が出席した。
これまでの体験メニュー利用実績は、教育旅行なども含めてシーキャンドル作りが460人だったのを筆頭に、うに割り体験、船釣り、地引き網などで多くの利用があったが、スタートしていない体験メニューも多く、まだまだ本格化していないことが示された。
出席者からは「他団体がどのようなメニューに取り組んでいるのかまったく判らないため、連携が取れない。横の繋がりが必要だ」「具体的な目標を立てて、ターゲットも明確に絞って行うべき」「島内の人もごっとり市場のことを知らない。もっとPRが必要だ」「もう予算の半分を使っているというのに、これだけの実績なのか」など様々な意見が出た。
また一部報道で批判のあったごっとり市場予算で作成された壱岐市観光連盟のホームページについて、同連盟事務局が「入札は16社あり、応札のあった2社を対象にプロポーザルを実施して決めた。CMS(コンテンツマネージメントシステム=デジタルコンテンツを管理し、配信などに必要な処理を行うシステム)の構築、デザイン・テンプレートなどの枠組みに360万円、サーバー使用料・ランニングコストなどで100万円、高性能パソコン購入49万円、画像編集ソフト36万円などで現在まで約660万円かかっている。宿泊予約システム(約300万円)は今後、会員と相談して導入するかどうか決める」などと説明した。
情報更新が遅れていたり、古い写真が掲載されていることなどについては「データの修正は連盟職員が行っているが、夏季の多忙期で遅れてしまった。随時、更新を行っている」と謝罪した。
ごっとり市場予算はこれまでに約6千万円が執行されており、その内訳は体験型メニュー2500万円、人件費(4人分)・管理費1700万円、ホームページ作成を含む営業費1550万円などとなっている。
松尾明彦振興局長は「各団体・ブロックのリーダーが集まって、問題点、課題、今後の展望などを話し合う場を設けたい」とプロジェクト進行に、観光連盟とともに振興局も積極的に取り組んでいく考えを示した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201910/18

「ミライon図書館」大村市に5日開館。

長崎県と大村市が共同で運営する県市一体型図書館「ミライon図書館」が5日、JR大村駅近くに開館した。鉄筋造り6階建てで、併設された大村市歴史…

201910/18

台風の事前情報充実を。

台風19号が東日本を中心に甚大な被害をもたらした。台風の発生当時から被害を心配していた。インターネット上でも情報が多く掲載され、気象庁も事前…

201910/18

ケーブルテレビ移行が合意。ID・パスワードなど変更なし(但し、利用者は同意書提出が必要)。

混迷していた市ケーブルテレビ施設指定管理者の移行問題について市は15日、現指定管理者の関西ブロードバンド株式会社(神戸市、三須久社長)との間…

201910/11

女子・芦辺、男子・勝本が優勝。市中体連駅伝競走大会

市中学校体育連盟駅伝競走大会(男子56回、女子39回)は、台風接近のため1日順延した4日、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース(1周1000㍍…

201910/11

壱岐土産にかんぼこ開発を。

9月27~29日に行われた「壱岐トライアル逆参勤交代」で、首都圏に勤務する10人が壱岐でのリゾートワーク環境を下見し、様々な提言を行った。わ…

ページ上部へ戻る