地域情報

市長リコール署名必要数届かず。『署名数は6603筆』。市民団体 「壱岐の未来」。

財政不足を招いた責任を問うなどとして白川博一市長のリコール(解職)に向けた署名を集めてきた市民団体「壱岐の未来」(藤尾和久、久間初子両共同代表)は5月27日、集めた署名数が6603人分だったことを発表した。市長解職の賛否を問う住民投票の実施には、有権者数(3月1日現在2万1832人)の3分の1となる7278人以上の署名が必要で、同団体は市選挙管理委員会へのリコール請求を断念した。

関連記事

  1. 壱岐にはとびきり綺麗な砂浜があるんだね。
  2. カンボジアでの経験活かす。地域おこし協力隊員・石原さん。
  3. ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組
  4. 九州プロレス見参 志原地区納涼祭
  5. 「差別黙認は加害者と同じ」 フリーアナ 藪本さんが講演
  6. 春の風物詩 賑わう瀬戸市
  7. あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。
  8. アッパレカレー完成セレモニー 壱岐商生徒が考案、商品化 

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP