© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

判明!!日本最古のイエネコの骨 「カラカミ遺跡」遺構から発掘 10月にも 正式発表

イエネコ(カラカミ遺跡での発掘調査報告会) 勝本町のカラカミ遺跡で、日本最古のイエネコの骨が発見されたことが確実になった。2011年の壱岐市による発掘調査で約2千年前の弥生時代後期半ば(紀元1~3世紀)の遺構から発見された1882点のうち、723点の分析が奈良文化財研究所で行われ、このうちの1点がイエネコの橈骨(とうこつ=前腕の骨)であることが判明した。今後、別の研究機関で科学的な年代測定が実施されてから、10月にも正式に発表されるが、日本のイエネコの起源がこれまでよりも500年程度も遡る、歴史を塗り替える極めて貴重な発見となる。
発掘されたイエネコの骨は、現在検査を行っているため、一支国博物館に展示はされていないが、カラカミ遺跡を紹介する常設展示のコーナーに、写真と「歴史を塗り替えた日本最古のイエネコの骨」という解説プレートが置かれている。
これまで各種文献から、イエネコの伝承は8世紀と考えられており、出土例では神奈川県鎌倉市の千葉地東遺跡など2か所から、13世紀(鎌倉時代)の骨の発見が日本最古の事例だった。近年の発掘調査でネコの足跡がついた6世紀末~7世紀初頭の須恵器の発見により、イエネコの起源が古墳時代まで遡ることが推定されていたが、今回のカラカミ遺跡からの発見で、弥生時代からイエネコが飼われていたことが判明した。
カラカミ遺跡では2008年の九州大学による調査でもネコの骨が13点発見されており、当時は「日本最古のイエネコの骨発見」と一部で報道されたが、発掘された場所は時代が特定できる遺構内ではなかったこと、成熟前の小柄なものだったため小さなヤマネコであった可能性がぬぐい切れなかったため、確証は得られていなかった。
だが今回は、他の遺物などから時代のはっきりとした遺構の中からの発掘であり、成熟した大きさの前腕の骨であることから、発掘当時から日本最古のイエネコである可能性が極めて高いと思われていたが、分析によりほぼ確証が得られた。
市文化財課の松見裕二学芸員は「九大が発掘した骨とともに、科学的な年代分析結果が出たら、博物館で展示・報告を行おうと思っている。今後は、カラカミ遺跡でネコがどのような飼われ方をしていたのか、ネズミ対策だったのか、その他の用途だったのかなど、さらに調査を進めていきたい」と話した。
ネコの愛好家は数多くいるだけに、日本最古のイエネコが壱岐で発掘されたニュースが広まれば、一支国博物館を訪れたり、壱岐に興味を持つ愛猫家が増えることは確実で、「イエネコの島・壱岐」というキャッチフレーズも加わりそうだ。

イエネコ(発掘されたイエネコの骨)

 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/8

多彩なイベント開催。ごうのうらひろばの日

郷ノ浦商店街の秋祭り・ごうのうらひろばの日が3日、壱岐の島ホールで開かれた。 開会を飾ったのは「いき伴」。「認知症になっても安心して暮…

201911/8

沈黙は容認と受け取られる。

1日に本市で開かれた県原子力安全連絡会は、玄海原発のUPZ(30㌔圏内)に入る松浦、佐世保、平戸、本市の4市が原子力防災や安全対策などの情報…

201911/8

空港滑走路延長には難色、後継機にATRを検討。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が10月31日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、豊坂敏文市議会議長、山本啓介県議らが、県からは…

201911/1

GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。

第10回市和牛共進会(JA壱岐市主催)が10月23日、壱岐家畜市場で開催され、種牛の部1部(若雌1)9頭、2部(若雌2)9頭、3部(繁殖雌牛…

201911/1

「誰一人取り残さない」難しさ。

市内18小学校区のトップを切って、10月1日に三島地区のまちづくり協議会が設立した。その迅速な対応、作成された計画書のレベルの高さなど、三島…

ページ上部へ戻る