© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

郷ノ浦は「反対」が圧倒的 市庁舎建設で公聴会

市民の声を聴く会(建設反対が大半を占めた郷ノ浦会場) 市庁舎建設に対する意見を聴取する市議会主催の「市民の声を聴く会」が7月28日から4日間連続で開催された。初日の壱岐文化ホールには約100人の市民が集まり、建設への反対意見、市議会の対応や市が実施したアンケートへの不満の声が渦巻いた。
6月20日に設置された市議会庁舎建設検討特別委員会の市山繁委員長から「市が実施したアンケートは1万1674世帯に配布され、1780世帯から回収された。(世帯別での)回収率は15・4%だった。集計はまだ行われていない」という回収結果について報告されると、会場からは失笑が漏れ「そんな低い回収率では集計結果は信用できない」「みんなあきれ返って回答する意欲が失せたのだ」と厳しい指摘が続いた。
挙手して意見を述べた市民は15人いたが、このうち市庁舎建設検討委員会の副会長を務めた長岡信一さん以外の14人はすべて「建設反対」の立場で発言した。
代表的な意見としては「人口減少の中で、庁舎建設どころではない」「まずは差し迫っている島内の経済問題を解決すべき」「合併特例債も借金だ」「またハコモノ行政での失敗を繰り返すのか」「もっと有意義な合併特例債の活用方法がある」「分庁方式の利点もある」などだった。
ただ、建設を行わない場合の現庁舎の耐震工事、分庁方式による経費増大、いずれは訪れる建設についての具体的な対応などへの言及はほぼなかった。
市山繁委員長は「市議会としては白紙からこの問題に臨んでいく。議員個々も地元などとの話し合いで意見を持っていると思うが、まずはこのような公の場で市民の意見を聞く機会が必要だった」と今後の特別委員会を公開方式で行い、市民に議論の進捗状況を示しながら、市議会としての意思決定を行っていく方針を示した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20192/22

木のぬくもりと明るさ特徴。特養「壱岐のこころ」内覧会。

勝本町布気触の旧鯨伏小学校跡地に建設中だった社会福祉法人壱心会(岩永城児理事長)の特別養護老人ホーム「壱岐のこころ」(山内一也施設長)の開所…

20192/22

観光客が求める体験型メニューは。

県観光連盟が実証実験として販売している「長崎しま旅わくわく乗船券」の売れ行きが不振だと、長崎新聞に掲載された。昨年10月末の販売開始から今年…

20192/22

県内数人の快挙!壱岐商初の全商7種目1級合格。情報処理科3年、山口愛実さん。

壱岐商業高校(長池純寛校長、271人)の山口愛実(あみ)さん(情報処理科3年=芦辺中出身)が、昭和24年(1949年)の同校創設以来初めての…

20192/15

移住促進の拠点施設「たちまち」オープン。

芦辺町芦辺浦に9日、市民団体「たちまち」による移住交流拠点施設がオープンし、壱岐市と「芦辺浦地区における移住促進ならびに空き家の活用推進に関…

20192/15

唐津市との連携強化を。

唐津市のJR唐津駅近くに、今年7月までに複合商業施設がオープンする。「唐津新天町パティオ街区再開発プロジェクト」と題されたまちづくり計画で建…

ページ上部へ戻る