友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

郷ノ浦は「反対」が圧倒的 市庁舎建設で公聴会

市民の声を聴く会(建設反対が大半を占めた郷ノ浦会場) 市庁舎建設に対する意見を聴取する市議会主催の「市民の声を聴く会」が7月28日から4日間連続で開催された。初日の壱岐文化ホールには約100人の市民が集まり、建設への反対意見、市議会の対応や市が実施したアンケートへの不満の声が渦巻いた。
6月20日に設置された市議会庁舎建設検討特別委員会の市山繁委員長から「市が実施したアンケートは1万1674世帯に配布され、1780世帯から回収された。(世帯別での)回収率は15・4%だった。集計はまだ行われていない」という回収結果について報告されると、会場からは失笑が漏れ「そんな低い回収率では集計結果は信用できない」「みんなあきれ返って回答する意欲が失せたのだ」と厳しい指摘が続いた。
挙手して意見を述べた市民は15人いたが、このうち市庁舎建設検討委員会の副会長を務めた長岡信一さん以外の14人はすべて「建設反対」の立場で発言した。
代表的な意見としては「人口減少の中で、庁舎建設どころではない」「まずは差し迫っている島内の経済問題を解決すべき」「合併特例債も借金だ」「またハコモノ行政での失敗を繰り返すのか」「もっと有意義な合併特例債の活用方法がある」「分庁方式の利点もある」などだった。
ただ、建設を行わない場合の現庁舎の耐震工事、分庁方式による経費増大、いずれは訪れる建設についての具体的な対応などへの言及はほぼなかった。
市山繁委員長は「市議会としては白紙からこの問題に臨んでいく。議員個々も地元などとの話し合いで意見を持っていると思うが、まずはこのような公の場で市民の意見を聞く機会が必要だった」と今後の特別委員会を公開方式で行い、市民に議論の進捗状況を示しながら、市議会としての意思決定を行っていく方針を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20216/21

アイガモを放鳥。豊作願うさなぶりの祭り。

原の辻ガイダンスで12日、古代米の豊作を願う「さなぶりの祭り」があり、約40人の市民らが参加した。 NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀…

20216/21

インスタで壱岐の魅力発信。地域おこし協力隊の田口さん。「#iki_photo」でシェア。

地域おこし協力隊で情報発信を担当する田口有香さん(40)が、写真や動画を共有できるSNS「インスタグラム」を活用した壱岐市の魅力発信に取り組…

20216/21

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午…

20216/14

壱岐初クラフトジン発売。壱岐の蔵酒造「KAGURA」。

壱岐の蔵酒造(石橋福太郎代表取締役)は7日から、クラフトジン「KAGURA(神楽)」(40度、700㍉㍑)の販売を始めた。 ブルーのグ…

ページ上部へ戻る