スポーツ

髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

第95回選抜高校野球大会は20日、2回戦を行い、海星が社(兵庫)を5‐1で下した。3回戦は25日第3試合で広陵(広島)と対戦する。
本市出身の髙野颯波投手(2年=郷ノ浦中出、右投げ右打ち)は4点リードの8回裏から2番手で登板。最速134㌔のストレートと110㌔台の変化球を駆使。8回は先頭打者をセンターフライ、1死から中前安打を許したが、後続を二塁ゴロ、ライトフライに抑えた。9回は一塁ゴロ、見逃し三振、ライトフライと三者凡退に抑え、2回零封でリードを守り切った。

関連記事

  1. 壱岐から岩井さんが初出場 身体障害者野球大会
  2. 男子・郷ノ浦が10位 県中学駅伝
  3. 福原悠吾が6年百㍍優勝。県ジュニア陸上選手権。
  4. 過去最多677人が壱岐路疾走 第6回壱岐ウルトラマラソン 完走率…
  5. 浴衣姿で出迎え 博物館アテンダント
  6. 勝本がダブル優勝の快挙 軟式野球・ソフトボール 県中学総体
  7. 人気急上昇離島で全国3位 夏休み宿泊予約83%増
  8. 生涯学習と伝承 石田野広場で交流

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP