地域情報

また記録更新、68万1279円 8月子牛市場も価格高騰

JA壱岐市の定例8月子牛市が1、2日の2日間、芦辺町の家畜市場で開催され、平均価格は68万1279円を記録。歴代最高だった前回の6月市場で記録した65万8196円から3・5%増、約2万3千円も上回った。歴代最高記録の更新は昨年12月市場から5市場連続となった。
子牛市場は入場頭数が前回より42頭少ない612頭で、全頭取引成立。取引総額は約4億1694万円で、前回より約1150万円減少した。平均価格は牝が前回より約3万4千円高い63万7335円、去勢が同1万5千円高い71万8096円だった。
種雄牛別では、平茂晴が牝132頭で平均約64万5千円、去勢148頭で同72万2千円と、頭数で全体の45・8%を占め、平均価格を押し上げる原動力となった。
子牛価格の高騰は全国的な傾向にあるが、7月21、22日に開催された長崎平戸口中央市場(平戸市)の平均価格は壱岐より3万5千円程度安い約65万7千円だった。また全国の7月市場を見ても大半が平均60~66万円の成績となっており、壱岐家畜市場の平均価格は兵庫・淡路家畜市場(7月市場平均約82万3千円)に次ぐ高さとなっている。

 

関連記事

  1. 市長職務代理を中止
  2. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  3. 耐震診断で庁舎問題再燃 石田庁舎は大規模改修が必要
  4. 「古代世界の中の壱岐」。博物館の特別企画展。
  5. 赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル
  6. 山本さん家族に知事賞 ながさき農林業大賞
  7. いけすの部品?。実はネコザメの卵。
  8. 「結果受け止め一層成長したい」。僅差で落選の森俊介候補。

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP