スポーツ

SG連続準優戦進出 ボートレース下條

勝本町出身のボートレーサー下條雄太郎(30)が13日から鳴門で開催されたSG第21回オーシャンカップに出走。予選を②④③①④③と好成績でまとめて、得点率6・33の10位で17日の準優戦に進出した。
準優戦は4号艇から差しが決まらず6着に敗れファイナル進出はならなかったが、最終日も一般戦2着、特別選抜B戦3着と好成績を残した。
前節のSG第26回グランドチャンピオン(愛知・蒲郡)でも準優進出を果たしており、SG戦での連続セミファイナル進出は、トップクラスでの安定した実力を見せつける結果となった。
次節は26日から住之江(大阪)のGⅠ太閤賞競走開設60周年記念に出走。SGは8月23日から桐生(群馬)での第62回ボートレースメモリアルへの出走が決まっている。

 

関連記事

  1. 県高校駅伝で壱岐勢活躍。諫早・田中、鎮西・渡野が全国へ。
  2. 壱岐市はウォークラリー開催 ねんりんピック長崎2016
  3. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  4. 川下が3度目V 対馬国境マラソン
  5. 9日に1000人決起大会 国境離島新法制定を後押し
  6. 郷ノ浦が九州大会進出 県中総体相撲競技団体戦
  7. 2167人が走り初め 第29回壱岐の島新春マラソン 田中が大会新…
  8. 「二十六の瞳」全国大会へ 全校児童13人の三島小Jrバレーボール…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP