スポーツ

SG連続準優戦進出 ボートレース下條

勝本町出身のボートレーサー下條雄太郎(30)が13日から鳴門で開催されたSG第21回オーシャンカップに出走。予選を②④③①④③と好成績でまとめて、得点率6・33の10位で17日の準優戦に進出した。
準優戦は4号艇から差しが決まらず6着に敗れファイナル進出はならなかったが、最終日も一般戦2着、特別選抜B戦3着と好成績を残した。
前節のSG第26回グランドチャンピオン(愛知・蒲郡)でも準優進出を果たしており、SG戦での連続セミファイナル進出は、トップクラスでの安定した実力を見せつける結果となった。
次節は26日から住之江(大阪)のGⅠ太閤賞競走開設60周年記念に出走。SGは8月23日から桐生(群馬)での第62回ボートレースメモリアルへの出走が決まっている。

 

関連記事

  1. 盈科Aが3年ぶり8度目V。第19回小学生駅伝大会
  2. 金メダル11個獲得 障害者スポーツ大会
  3. 壱岐産米をPR 一声運動スタート
  4. 壱岐出身2選手が優勝目指す ソフトボール・豊永優
  5. 仮装で商店訪問 ハロウィン祭
  6. 郷ノ浦は「反対」が圧倒的 市庁舎建設で公聴会
  7. 壱岐市のギネス記録破られる
  8. 対馬から9人参加 市バドミントン大会

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP