友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20146/6

島内限定販売の商品開発を

syasetsu先日、長崎県内のデパートで北海道物産展が開催され、多くの人で賑わったことがニュースで取り上げられていた。デパートで開催される数多い催し物の中でも、北海道物産展は「鉄板行事」と呼ばれており、間違いなく集客効果が計算できるイベントだと言われている。
北海道は食の宝庫であるのは万人が承知しているし、イベント来客者にとって「北海道=美味しい」というイメージが出来上がっている。その時点で、イベントとしてはもう成功が確信されていると言えるだろう。
そんな北海道物産展なのだが、実際に出店者に取材してみると、「以前の半分も売り上げがない」という嘆きの声が多く聞かれている。「物産展に出品されている商品の大半は、インターネットなどでお取り寄せが可能になっているので、わざわざ物産展に足を運ばなくなってきた」というのだ。
その典型的な例が、一世を風靡した「生キャラメル」だろう。以前は、扱っている店が物産展に出店すると、そのデパートには開店前から長蛇の行列ができ、8階のイベント会場から階段で1階までお客さんが並んだという逸話もあった。だがいまでは行列などまったく見られない。
ネット通販だけでなく、東京にも直販店を出店したことで「いつでもどこでも買える」「北海道らしさがない」と、希少価値地域性がなくなり、お客さんに敬遠されるようになったのだ。
壱岐のおいしい食品は、いまや全国に流通しているし、ネット通販でも販売されるようになってきた。売り上げ増のためにも、まずは知名度を高めるためにも、このような販売戦略は極めて重要である。だが一方で、「この商品は直接、壱岐を訪れなくては絶対に手に入らない」という希少価値、強い地域性がある商品もまた必要なのではないだろうか。
壱岐を訪れる観光客の多い時期になってきた。「お土産は何を買えばいいですか?」と聞かれた時に、「これはここでしか買えないですよ」と薦められる商品がもっと欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20212/22

改修費抑制へ 茅栽培。一支國研究会。

NPO法人一支國研究会は、原の辻遺跡王都復元公園の復元建物の屋根に使う茅(かや)を栽培し、本年度初めて本格的に収穫した。 同復元公園は…

20212/22

ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。

本年度の市ふるさと納税の寄附額は10日時点で9525件2億9896万円となり、3月末までに若干の上乗せされ、約3億円になることが判った。この…

20212/22

市独自で幅広い業種へ支援金。1事業者当たり20~30万円。前年同月比売上 20%減など条件。

市は10日、市議会定例会2月会議(17日)に上程する議案を発表した。一般会計補正予算案は、新型コロナウイルス感染症第3波に対応する市緊急経済…

20212/15

コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。

郷ノ浦町の美容室K`sの松嶋勝弘さん(55)は、店内にコケ類を植えた水槽を飾り、来店客を楽しませている。 新型コロナの感染拡大が始まっ…

ページ上部へ戻る