政治・経済

坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待

土木の日(十一月十八日)にちなみ19日、郷ノ浦町坪触で工事中のトンネル工事見学会があり、市内小学生と保護者約60人が参加した。
見学会には、事前募集に応募した絵画コンクール出展者と盈科小児童が参加。トンネル工事が予定される現場で県壱岐振興局や工事業者の担当者からトンネルの概要の説明を受けた。
続けて、トンネルに杭を打ち込む大型機械や高所作業車など、実際に現場で活躍している機械の試乗や見学もあった。
参加した宿輪直永さん(石田5年)は「機械に触れて、いつも仕事をしている人の大変さや気持ちがわかりました。トンネルの完成が楽しみです」と話した。
事業は県が国の交付金を受けて実施。トンネルを含めた坪触工区(2・3㌔)の総事業費は約25億円。トンネル部分の事業費は約8億円。今後、南側から掘削を始め、来年度中の竣工を目指している。供用開始は同6年度以降になる見通し。完成すれば市内6番目のトンネルとなる。

関連記事

  1. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  2. 本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が…
  3. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  4. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ
  5. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  6. 雲一つない初日の出 博物館に観望客百人
  7. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  8. 壱岐の華「初代嘉助」「海鴉」 品評会で金賞

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP