文化・芸術

約1万株が見頃に 壱岐あじさいパーク

 

勝本町片山触の観光農園「壱岐あじさいパーク」のアジサイが見頃を迎えている。10~11日には「あじさい祭り」が開かれ、園内に出店が並び多くの市民が来場していた。今年は適度に雨が降り、花の開きは上々という。
同パークは、園主の下條秀樹さん(65)が2011年頃から自宅前の約2千坪の敷地に少しずつ植え始めた。21年からは一般にも開放して、昨年からは観光農園としてリニューアル。アジサイも60種類以上の約1万株まで増やされた。
ブルーベリーやオリーブなど季節折々の無農薬で育てた果実の収穫体験(予約制)や木工体験なども行われ、観光客の来場も多いという。
初めて来場した郷ノ浦町の公務員、野口徹さん(33)は「季節を感じます。きれいですね」と話していた。下條さんは「ここはぽつんと一軒家のようで、壱岐にこんなところがあるのってよく言われます。趣味で始めたが、喜んでいただけてよかった」と話した。
アジサイは7月中旬頃まで楽しめそう。入場料は高校生以上3百円、小中学生2百円、6歳以下無料。4~8月以外の期間は島民カード提示で壱岐市民は入場無料。収穫体験や木工体験などの予約、問い合わせは同パーク(☎090‐9727‐0894)。

関連記事

  1. 山口幹雄賞に植村德治さん 第65回市美術展覧会表彰式
  2. 守時タツミピアノコンサート 30日 一支国博物館で開催
  3. 壱岐オリジナル4作品も 一支国博物館「ボクネン展」
  4. 松永安左エ門記念館建て替えへ 令和9年度以降の開館を目指す 西鉄…
  5. 豊永琴音さん(初山2年)の版画が知事賞 8万5605人から子ども…
  6. 出迎え・見送りでおもてなし オレンジレンジライブ歓迎委員会
  7. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など14曲披露
  8. 串山ミルメ浦遺跡 元は海 原の辻ガイダンス発掘速報展

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP