文化・芸術

中国湖北省の名所紹介 チョウさんのニーハオ教室

4月から国際交流員(CIR)として市観光課に勤務している中国湖北省出身の張妙言(チョウ・ミョウゲン)さんの国際交流イベント「チョウさんの你好(ニーハオ)教室」が6月18日から始まった。
初回には市民約10人が参加。「自分で歩き、自分の目で見て発見していくが好き」という張さんは、自分で撮影した地元湖北省の写真を地図とともにスクリーンに映し、「赤壁」や「黄鶴楼」などの観光地や名物を紹介。中国での端午の節句の由来も説明した。
壱岐高校普通科1年の後藤奏さんは、友人に中国人がいることから、中国語や文化を学びたいと思い参加した。「文化や景色を知ることができてよかった。(湖北省)は地域ごとに見どころがあっていいなと思った。今後、中国語も学んでいきたい」と話した。
教室は今後も毎月第3火曜日午後6~7時に開く予定。会場は同ホール2階会議室。参加無料。問い合わせは市観光課(☎48‐1130)。

関連記事

  1. 石田納涼夏祭りが廃止 半世紀以上の伝統行事
  2. 約1万株が見頃に 壱岐あじさいパーク
  3. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  4. 子ども県展で野川大輝さんが知事賞 本市から6人が特別賞に入賞
  5. 入館者が130万人到達 開館14年目の一支国博物館
  6. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  7. カワヨシノボリ「壱岐佐賀型」求めて 大村高理科部が来島調査
  8. 4年ぶりに開催 津神社壱岐国牛まつり

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP