文化・芸術

松永安左エ門記念館建て替えへ 令和9年度以降の開館を目指す 西鉄電車残す方針

 市教委は1日、「新・松永安左エ門記念館(仮称)建設基本構想」を市ホームページで発表した。石田町印通寺浦の松永安左エ門生家横に昭和46年開館した現記念館は、建設から50年以上が経過。平成28年に行われた耐震診断の結果は良好だったものの、法定耐用年数を超え、外壁にクラック(ひび)が目立っており、電気設備の劣化も進んでいる。来館者が利用する施設としては適切さを欠いているため、隣接する旧ふるさと資料館(閉館中)とともに取り壊し、併せて1638平方㍍の敷地に新・記念館を建設する構想を立てた。配置イメージ図には生家への見学動線、講座室・ライブラリー、飲食施設、物販施設も盛り込んでいる。

関連記事

  1. 鬼は外!福は内! 博物館で子どもたちが豆まき
  2. 壱岐の魅力 新たな視点で 応募作品を展示「島の写真展」
  3. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  4. しゃぼん玉ショーに歓声 一支国博物館でGWイベント
  5. 正月前に門松づくり 那賀小地域子ども教室
  6. 「老松山壱岐安国寺展」開幕 一支国博物館で1月8日まで
  7. 壱州荒海太鼓部が2曲披露 壱岐イヴェールマルシェ
  8. 子ども県展で野川大輝さんが知事賞 本市から6人が特別賞に入賞

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP