政治・経済

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子(B5版、42㌻)にまとめられた。

同辞典は、同協力隊の空き家活用推進担当、藤木彩乃さん(31)が「壱岐の自然や文化、食などを伝える媒体は沢山あるが、それは土地ごとに魅力がある。差別化を図るには壱岐に暮らす人、その生の声を伝えることが大切」と、ほかの隊員に呼び掛けて企画した。

昨年5月から4~89歳の壱岐出身者69人、Iターン者31人を取材し、記事を壱岐UIターンポータルサイト「いきしまぐらし」やSNSで随時発信してきた。

4月27日に市役所で「お披露目式」があり、協力隊員のほか、取材を受けた住民の代表も出席。藤木さんから冊子が手渡された。今後ほかの取材対象者にも手渡していくという。

式で藤木さんは「率直な壱岐への思いやこれからについても聞くことができた。インタビューを受けていただいた皆様、市職員、一緒に作り続けてくれたメンバーのおかげです。ありがとうございました」と述べた。

取材を受けた住民を代表して勝本町の港町酒場あかり屋の店主、角谷透さん(34)は「百人の方の意見や島に対する思いを見て刺激になった。鮮魚仲買もしているが、地域の人に居酒屋と仲買をしているのか説明する機会がなく、壱州人辞典を通して説明できたことで、読んだ人から頑張っているね、応援しているよと沢山の言葉を頂き励みになっている。どの業種にとっても大変な時代になったが、前向きに力強く頑張っていきたい」と感謝の言葉を述べた。

同辞典は各港や空港、飲食店などに配布される。

関連記事

  1. 収穫、木工体験も 観光農園へ準備 片山あじさい園
  2. 壱岐市転出超過172人 人口移動報告
  3. 山本、鵜瀬氏に当選証書付与 国会議員、県議として連携へ 大石知事…
  4. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  5. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島
  6. 循環型社会、マッチングアプリ… 構想続々 SDGs対話会始まる…
  7. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念
  8. 企業版ふるさと納税に感謝状 1千万円寄附のファウンテック

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP