地域情報

愛称「青い海と緑の広場」 郷ノ浦客船埠頭前の緑地

郷ノ浦港絵踏地区緑地(郷ノ浦客船埠頭前)の愛称が「青い海と緑の広場」に決まったことが1日、同広場で県壱岐振興局から発表され、供用が開始された。
同広場は、地震などの大規模災害が発生した際に、郷ノ浦客船埠頭に運ばれてきた支援物資などを一時的に保管する目的で整備された。だが緊急時以外は使用されないため、大型客船寄港時の乗船客の憩いの場や、子どもたちが遊べる公園として活用することを決め、今年2月には張り芝を行うなど整備を進めていた。
愛称は盈科、渡良、三島の3小学校の児童から募集し、76人から115件の応募があった。壱岐振興局らで組織した愛称選考委員会で審査し、長島涼太さん(渡良6年)の作品が採用された。長島さんは「大型客船が寄港した時に一度見に来て、海が青くて、緑がたくさんある風景がとても壱岐らしいと思ったので、そのまま名付けてみました。自分が考えた名称が広場の名前として永遠に残っていくのはとても嬉しいし、ソフトボールの練習にも使えそうなのでとても楽しみです」と採用を喜んだ。
愛称発表後は、2月に張り芝作業を手伝った武生水保育所の園児24人が、芝生の上で駆けっこをしたり、シャボン玉を飛ばして、広場のオープンを祝った。

 

関連記事

  1. 大食い・木下ゆうかさん起用で、ふるさと納税動画再生日本一。
  2. なぜサソリが!? 実はそっくりの〝モドキ〟
  3. 新年度予算236億4千万円。ほぼ本年度当初並み規模。SDGs関連…
  4. 20年ぶりの大雪。水道管破裂で漏水多発。
  5. 8~10月は値上げなし 九州郵船燃油調整金
  6. 松嶋さんが海上保安協会会長賞。未来に残そう青い海図画コンクール
  7. 小中学校の給食費無料化策を明言 白川市長が子育て改革案
  8. 幻想的な光のショー ホタルの乱舞が始まる

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP