スポーツ

県高校駅伝で壱岐勢活躍。諫早・田中、鎮西・渡野が全国へ。

第72回県高校駅伝大会が6日、雲仙・小浜マラソンコースで開かれ、男子は7区間42・195㌔に41校、女子は5区間21・0975㌔に23校が出場した。

男子の壱岐は1区井手聖貴(2年)が8位の好スタート。2区以降も上位をキープし、4区山本直生(2年)は区間6位で3人抜きの快走。アンカー大野彪雅(2年)は区間16位ながら1つ順位を上げて、昨年の13位からジャンプアップする総合8位入賞を果たした。

男子・壱岐商は昨年に続いて1区を任された中辻颯人(3年)が15位に健闘したが、2区以降で次第に順位を下げて、昨年の22位から6ランク後退の28位だった。

女子の壱岐は1年生2人、2年生3人の若いメンバー構成で臨み、エース区間の1区で土肥さくら(1年)が9位と健闘を見せると、2区山口凜(2年)、3区大井陽香理(2年)がともに区間6位、4区福山恵加(1年)は区間5位で総合6位まで順位を上げた。アンカー徳島未羽(2年)は区間8位で1つ順位を落としたものの、全員が区間1けた着順と安定した力を見せて、昨年と同じ総合7位入賞を果たした。

目覚ましい活躍を見せたのが壱岐出身者。女子優勝の諫早の4区にチーム唯一1年生の田中咲蘭(芦辺中出身)が抜擢され、9分49秒の区間賞。区間2位に25秒差をつける快走で、連覇に大きく貢献した。

女子3位の鎮西学院のアンカーには末永笑愛(2年=郷ノ浦中出身)が起用され、区間3位の走りを見せた。

男子優勝の鎮西学院の1区は渡野幹大(3年=勝本中出身)が34分01秒の区間賞でチームに勢いを与え、チームを3年ぶり優勝に導いた。

新型コロナウイルスのため男女上位3校が出場していた九州大会は中止になったが、田中の諫早、渡野の鎮西学院は12月20日に京都で行われる全国高校駅伝への出場を決めた。

【男子総合順位】①鎮西学院2時間10分21秒⑧壱岐2時間25分21秒(1区井手聖貴区間8位34分29秒、2区竹下大貴10位9分56秒、3区市村渉真11位27分56秒、4区山本直生6位27分59秒、5区川富剣心8位10分22秒、6区長畑飛呂8位16分58秒、7区大野彪雅16位17分41秒)壱岐商2時間39分50秒(1区中辻颯人15位34分55秒、2区山川真宗32位11分10秒、3区小水知朗26位30分12秒、4区小水優35位32分49秒、5区山田瑠輝31位11分58秒、6区谷口晴大23位18分27秒、7区松永悠佑40位20分19秒)

【女子総合順位】①諫早1時間10分09秒⑦壱岐1時間19分11秒(1区土肥さくら9位22分34秒、2区山口凜6位15分09秒、3区大井陽香理6位11分04秒、4区福山恵加5位11分06秒、5区徳島未羽8位19分18秒)

関連記事

  1. チューリップ満開 壮観1万5千本
  2. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  3. 勝本が大会2連覇を達成 中学ソフトボール県新人戦
  4. 県高校総体 益川洋武が三千障害で優勝
  5. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  6. 壱岐高放送部が全国大会出場 ラジオドキュメント番組「喋っちみなー…
  7. 大相撲・壱岐の嶋が引退 最高位は幕下、通算226勝
  8. 壱岐ゆかりの芸術家たち展 19日まで一支国博物館で開催 

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP