スポーツ

泥んこバレーに18チーム。地元勢が初優勝果たす。

6月の壱岐の風物詩となった第5回壱岐の島泥んこバレー大会(同実行委員会主催)が11日、原の辻ガイダンス前の田んぼで開催され、島外からの5チームを含む18チーム、約200人が参加した。
3チームごとのリンクリーグで予選を行い、勝ち上がった6チームが決勝トーナメントで対戦。決勝は「田の真吾」と「AKAGI」の対戦となり、31‐16で田の真吾が優勝した。これまで4回は壱岐出身者がいる福岡市のチームが4連覇してきたが、5回目にして地元勢が初優勝した。
代表の長嶋生次さん(50)は「第1回から出場していて、準優勝が最高成績だったので、今回は優勝したかった。最高の気分です。バレーボール愛好会のメンバーでチームワークは抜群だったし、私は農家なので田植え前に田んぼで練習していた。コートの泥は、最初は浅いのに、ゲームが進んで行くとこなれて深くなってくるので、体力的にしんどかった」と試合を振り返り、優勝を喜んだ。
【成績】▽準決勝 田の真吾34‐18からあげ大吉(大分県中津市)、AKAGI28‐20九電工①▽決勝 田の真吾31‐16AKAGI
【特別賞】▽ベストオブ泥ッサー賞 勝本100%▽洗濯やおいかんで賞 こすもスターズ(福岡県大野城市)▽泥メン賞 TEAM3班(福岡市)▽泥パック賞 九電工②▽がもあん賞 松田会(福岡県小郡市)▽竹馬会賞 山口JAPAN、鯨伏青年会、濱田組▽チームKIZUNA賞 赤木、分ぶんブン2017、フェアリーズ、イルパレス、新婚さんいらっしゃい(福岡市)

関連記事

  1. 536人が壱岐路を疾走 3年ぶり壱岐ウルトラマラソン
  2. 若手医師育成施設 市民病院に併設
  3. 入賞2人、入選3人 第60回記念県展
  4. 市中体連球技・剣道大会 7競技18種目に580人 
  5. 岩本圭助さんがファミリーの部2冠 島外から415人出走
  6. 市民病院でコンサート クリスマス気分味わう
  7. 県中学総体 主な成績
  8. 幻想的な光のショー ホタルの乱舞が始まる

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP