地域情報

八幡が優勝、準優勝は那賀 第5回壱岐友杯少年軟式野球

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第5回壱岐友杯少年軟式野球大会(株式会社ジェイアニター主催)が12日と13日、芦辺町、ふれあいグラウンドで開かれ、市内8チームが出場。八幡が優勝した。 予選リーグに続き、決勝トーナメントが行われ、決勝は八幡と那賀が対戦。息詰まる投手戦となったが、5回裏に八幡のキャプテン・小田伊武希くん(6年)が右中間にスリーランホームランを放ち先制。那賀も6回表にホームランで1点を返したものの、3―1で八幡が優勝した。3位は盈科、4位は田河。優勝の八幡と準優勝の那賀には8月18日から3日間、西海市で開かれる県下選手権学童大会への出場権が与えられた。八幡の小田くんはホームランの打席について、「緊張していたけど、絶対ランナーを還すという気持ちでした。打球が飛んで行ったときはうれしかった。県大会では絶対優勝したい」と喜びを語った。大会の対戦結果は次の通り。

【予選リーグ】

▼Aパート▽八幡12―0鯨伏▽盈科5―4勝本▽鯨伏6―5勝本▽八幡6―5盈科▼Bパート▽那賀4―3田河▽石田6―1田河▽田河10―1霞翠▽那賀8―4石田

【決勝トーナメント】

▼準決勝▽八幡3―0田河▽那賀7―3盈科▼3位決定▽盈科7―3田河▼決勝▽八幡3―1那賀

 

 

関連記事

  1. 1~3月期15・3%減。壱岐ブロック宿泊動向。
  2. 県立大が離島フィールドワーク 来夏に学生150人以上が来島 包括…
  3. 初練習に48人 Jrランナーズ
  4. 能・狂言を鑑賞、体験 筒城小
  5. 「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業
  6. 愛知など12チーム参加 一支国ソフトバレー
  7. 玄海酒造が36位 焼酎・泡盛売り上げ
  8. NCCで百回放送スタート 壱岐高放送部ふるさとCM

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP