スポーツ

ゲートボール県選手権大会 壱岐郷ノ浦同好会が準優勝

ゲートボールの第35回県選手権大会が20日、諫早市の県立総合運動公園サッカー場特設コートで、県内43チームが参加して開催された。
壱岐からは「壱岐郷ノ浦同好会」と、石田・芦辺地区合同チームの「壱岐げんかい」の2チームが出場し、ともに予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメント進出。
壱岐郷ノ浦同好会は決勝で西海大島Xに7‐12で惜敗し全日本選手権出場は惜しくも探したものの、準優勝を決めた。
壱岐げんかいは準々決勝で諫早長田に11‐14で敗退したが、ともに上位6チームに入ったことで、11月7、8日に宮崎県で開催される九州地域協会選手権大会への出場権を獲得した。同大会に壱岐から2チームが出場するのは初めて。
▽決勝トーナメント1回戦 壱岐郷ノ浦5‐0西海大島A、壱岐げんかい13‐10国見
▽準々決勝 壱岐郷ノ浦11‐11南島原八田橋無田(内容勝ち)、諫早長田14‐11壱岐げんかい
▽準決勝 壱岐郷ノ浦15‐9諫早長田
▽決勝 西海大島X12‐7壱岐郷ノ浦
≪メンバー≫
【壱岐郷ノ浦同好会】栗元久男、平田廣、牟田数徳、平田欽也、山口純二
【壱岐げんかい】松尾久、松島幸弘、岩永孝大、久原正喜、濱田正剛

 

関連記事

  1. 壱岐から東京五輪選手を 「子ども夢応援プラン」創設へ 市議会 一…
  2. 夢の箱根山下りを疾走。順天堂大・江口智耶(石田中出身)、第94回…
  3. 盈科が全国大会で健闘。高野山旗全国学童軟式野球大会
  4. 壱岐市人事異動 5月1日付
  5. 道下さんが壱岐で合宿。リオの銀メダルを報告。
  6. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会
  7. 銀輪疾走 初夏の壱岐路 サイクルフェスタに619人
  8. 武生水が大会新で2連覇 郷ノ浦町内一周駅伝

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP