地域情報

長島に漂着遺体 ズボンのタグにハングル表示

壱岐海上保安署は28日午前11時45分ごろ、壱岐市郷ノ浦町長島西方の岩場でうつぶせ状態の漂着死体を揚収(ようしゅう)した。
長島在住の釣りをしていた主婦2人が発見し、郷ノ浦町漁協を通して同署に通報した。
遺体は女性で、身長159㌢、年齢は不詳。上半身の着衣はなく、下半身は紺色ビニール製防寒ズボン(すべてハングル表示のタグあり)、黒色ヒートテックズボン2枚、黒色靴下、靴なし。所持品はなかった。
両腕及び指先はすでに白骨化しており、現在のところ身元は判明していない。

関連記事

  1. VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。
  2. 漂着ゴミから環境考える 塩津浜でボランツーリズム
  3. 離島甲子園で本市が準優勝。全国離島交流中学生野球大会
  4. マナヅルの北帰行始まる。深江田原、山崎で観察。
  5. 海を眺めて朝ごはん 市民ら壱岐の食材に舌鼓
  6. 壱岐初のゲストハウス今春オープン ネット資金調達で134万円超え…
  7. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会
  8. 上野投手との対決は!? 国体ソフトは長崎‐群馬

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP