地域情報

長島に漂着遺体 ズボンのタグにハングル表示

壱岐海上保安署は28日午前11時45分ごろ、壱岐市郷ノ浦町長島西方の岩場でうつぶせ状態の漂着死体を揚収(ようしゅう)した。
長島在住の釣りをしていた主婦2人が発見し、郷ノ浦町漁協を通して同署に通報した。
遺体は女性で、身長159㌢、年齢は不詳。上半身の着衣はなく、下半身は紺色ビニール製防寒ズボン(すべてハングル表示のタグあり)、黒色ヒートテックズボン2枚、黒色靴下、靴なし。所持品はなかった。
両腕及び指先はすでに白骨化しており、現在のところ身元は判明していない。

関連記事

  1. 瓶商品を追加 アイランドブルワリー
  2. ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人…
  3. 今月中に運航情報を配信 九州郵船が10要望に回答
  4. 劇団未来座が旗揚げ 壱岐からスターを
  5. 市議会定例会5月会議 耐震工事は合併特例債期限内に完了目指す
  6. ルーヴル銅版画展第2期がスタート
  7. クジラが定置網に 郷ノ浦漁協
  8. 18人に優秀作品賞 市民絵画・写真展

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP