地域情報

市内でO111発症 今年2人目

壱岐保健所は4月24日、市内の7歳男児が腸管出血性大腸菌感染症(O111)に感染したと発表した。
男児は同21日に腹痛、水溶性下痢、発熱の症状を発症。23日に診断の結果、O111型ベロ毒素が検出された。男児は快方に向かっている。
管内でのO111発症は今年2人目。
同保健所は「進行すると脳症など重症の合併症を引き起こすことがあり、特に抵抗力の弱い高齢者や小児は注意が必要」と手洗いの徹底などを呼び掛けている。

 

関連記事

  1. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  2. 野上恵子が豪マラソン2位 十八銀行壱岐合宿の成果発揮
  3. 両高校で卒業証書。250人が学び舎巣立つ。
  4. 郷ノ浦が九州大会進出 県中総体相撲競技団体戦
  5. 台風の農業被害。2憶5千万円超。
  6. 新市庁舎建設案を市民に説明 勝本30人、芦辺22人の参加 質疑応…
  7. 資源回復には産卵期漁獲規制を 市マグロ資源を考える会総会
  8. 焼酎樽でプランター。はなⅰらんど。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP