地域情報

市内でO111発症 今年2人目

壱岐保健所は4月24日、市内の7歳男児が腸管出血性大腸菌感染症(O111)に感染したと発表した。
男児は同21日に腹痛、水溶性下痢、発熱の症状を発症。23日に診断の結果、O111型ベロ毒素が検出された。男児は快方に向かっている。
管内でのO111発症は今年2人目。
同保健所は「進行すると脳症など重症の合併症を引き起こすことがあり、特に抵抗力の弱い高齢者や小児は注意が必要」と手洗いの徹底などを呼び掛けている。

 

関連記事

  1. 学園祭で壱岐ブース開設。博多女子高校生徒が販売。
  2. 壱岐-福岡ヨットレース。26艇が郷ノ浦港沖をスタート。
  3. 11・2万円減の平均64・9万円。厳戒防疫体制の子牛市場。
  4. ゆずボ~ロ 24、25日に四季菜館で試食販売
  5. 九州プロレス見参 志原地区納涼祭
  6. 第1回人口減少対策会議 政策企画課に事務局設置
  7. 庁舎建設住民投票の争点を探る
  8. SG制覇へ向け地元壮行会 ボートレース・下條雄太郎

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP