地域情報

市内でO111発症 今年2人目

壱岐保健所は4月24日、市内の7歳男児が腸管出血性大腸菌感染症(O111)に感染したと発表した。
男児は同21日に腹痛、水溶性下痢、発熱の症状を発症。23日に診断の結果、O111型ベロ毒素が検出された。男児は快方に向かっている。
管内でのO111発症は今年2人目。
同保健所は「進行すると脳症など重症の合併症を引き起こすことがあり、特に抵抗力の弱い高齢者や小児は注意が必要」と手洗いの徹底などを呼び掛けている。

 

関連記事

  1. 選抜大会では打倒・長崎商 新人戦3位の壱岐商ソフト部
  2. 任期満了で報告会 国際交流員ウエスト・トレバーさん
  3. 2月8日市民合唱祭 3吹奏楽部がコラボ
  4. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会
  5. プレミアムチケット完売。6月1日から第2回発売。
  6. 壱岐署で武道始め 柔道・剣道で汗
  7. フェリー、JFを減便。経営ひっ迫の九州郵船。
  8. 「壱岐なみらい創りプロジェクト」開始 子どもたちが未来像を描く

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP