スポーツ

竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める

陸上競技の県高校新人大会が16~18日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐高から25人、壱岐商から8人が出場した。
県高校総体男子四百㍍王者の竹下紘夢(壱岐2年)は、同種目予選を唯一人50秒を切る49秒98でトップ通過、準決勝も50秒86でトップ通過を果たした。
決勝は三百㍍の日本高校タイ記録保持者の植松康太(長崎南2年)との一騎打ちとなり、植松が先行したが、ゴール直前で竹下が交わし47秒76の自己ベストで優勝した。同タイムは1995年に松本卓(海星)がマークした47秒80を27年ぶりに0秒04更新する大会新記録となった。植松とは0秒06差だった。

関連記事

  1. 壱岐選手団は94人 ねんりんピック県大会
  2. 層厚い陸上大国・壱岐。市中体連陸上・相撲競技大会
  3. 「壱岐ってサイコー!!」 感動溢れたウルトラマラソン
  4. ハイジャック訓練実施 6機関が連携を確認
  5. 福原が県中学通信陸上連覇 2年男子百㍍で11秒74
  6. 女子四百㍍Rで3位 小学生陸上交流大会
  7. 夢の箱根山下りを疾走。順天堂大・江口智耶(石田中出身)、第94回…
  8. 郷中野球部が県大会3連勝 決勝で中上が1安打完封 全日本少年軟式…

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP