スポーツ

竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める

陸上競技の県高校新人大会が16~18日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐高から25人、壱岐商から8人が出場した。
県高校総体男子四百㍍王者の竹下紘夢(壱岐2年)は、同種目予選を唯一人50秒を切る49秒98でトップ通過、準決勝も50秒86でトップ通過を果たした。
決勝は三百㍍の日本高校タイ記録保持者の植松康太(長崎南2年)との一騎打ちとなり、植松が先行したが、ゴール直前で竹下が交わし47秒76の自己ベストで優勝した。同タイムは1995年に松本卓(海星)がマークした47秒80を27年ぶりに0秒04更新する大会新記録となった。植松とは0秒06差だった。

関連記事

  1. 一支国王都復元公園周回駅伝
  2. 上空30㍍から吊り上げ 防災ヘリで救助訓練
  3. 3校連合は準々決勝敗退 大崎に8‐1も堂々のベスト8
  4. 赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル
  5. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  6. 女子・芦辺、男子・勝本が優勝。市中体連駅伝競走大会
  7. 川谷勇貴さんらが教室。芦辺ランニングクラブ
  8. 21個のメダル獲得 障がい者スポーツ大会

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP