地域情報

朝来市と友好都市提携 小山弥兵衛がつなぐ縁

壱岐市は6月27日、市制施行10周年を迎えた兵庫県朝来(あさご)市と友好都市提携の調印を、朝来市和田山ジュピターホールで行った。締結式で白川博一壱岐市長と多次勝昭朝来市長がお互いに市旗を交換した。
両市は1738年(元文3年)の元文一揆に端を発する小山弥兵衛と孫娘・心諒尼の縁によって、50年以上前から歴史、教育、経済交流を行ってきた。近年は「あしべ商工産業祭り」と「但馬・食文化まつり」での相互の特産品交流、箱崎小学校と朝来市立東河小学校などの文化・教育交流、一支国博物館・県埋蔵文化財センターでの歴史紹介など交流が活発化しており、壱岐市制10周年の昨年2月には「歴史・教育・経済パートナーシップ宣言」を行った。
白川市長は「これを機にさらに絆を深め、海と山という両市の違った特色を生かして、相互の地域振興と活性化を図っていく」と話した。提携を記念して、8月に市民劇団・一支国座の朝来市公演を行うことが決まっている。

 

関連記事

  1. 文科大臣表彰に 石田、瀬戸両小学校。
  2. 郷ノ浦が競り勝つ 市中学ソフトボール
  3. 竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める
  4. 長岡が走幅跳、百メートル3連覇。市中体連陸上・相撲競技大会
  5. 田河小・神田教諭が受賞。文科大臣優秀教職員表彰。
  6. 壱岐は島そのものが宝物 白川博一市長新春インタビュー
  7. 任期満了で報告会 国際交流員ウエスト・トレバーさん
  8. まちづくり協議会設置へ。市は各校区で説明会実施。地域課題は地域で…

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP