地域情報

なぜサソリが!? 実はそっくりの〝モドキ〟

郷ノ浦町渡良浦でサソリのような虫がいるのが見つかった。
9月16日午前、同町の会社員の男性(40)が仕事で同浦を訪れ、作業員が休憩するコンテナを撤去するために吊り上げたところ、下から体長5~6㌢ほどの黒い虫を見つけた。
尾の反りかえった棘はないものの、体の前方に大きなハサミを持ち、その姿はサソリに瓜二つ。見つけた時には「なんでサソリが壱岐に、これは大変だ」と驚いたという。慌てて写真を撮っていると、近くの林に逃げて行ったという。
姿の特徴から「アマミサソリモドキ」と見られる。過去の文献や壱岐高校科学部の研究によると、クモ網に属する節足動物で、奄美大島などに分布。熊本県では天然記念物に指定されている。
遺伝子解析では、壱岐の個体は奄美大島や天草市牛深で採集された標本と同じグループに属していることが分かっている。本市では50年以上前から同浦のみに生息しているとされ、島外との交易で荷物などに入り込み侵入したと見られている。
夜行性で毒はないものの、尾から酢酸臭の液体を噴射するため、観察するときには注意が必要。
発見した男性は毒がないと知り「子どもたちに危害を加える虫じゃなくて、ほっとしました」と話した。

関連記事

  1. 親子で月見だんご 原の辻ガイダンス
  2. コロナ鎮静願い鏡開きも。壱岐大大神楽奉納。
  3. コケで癒し空間提供。美容室K`sの松嶋さん。
  4. ギネス世界記録達成 555人が壱岐牛リレー
  5. 機体更新は同型中古を検討。航空路存続へ苦渋の選択。市議会一般質問…
  6. 国内初?馬形の青銅製品。原の辻遺跡から出土。
  7. GW乗船客95・3%減少。九州郵船・博多‐壱岐航路。
  8. ドローンについて学ぶ 操縦体験も 鯨伏でドローン教室

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP