地域情報

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午前・午後で114人が接種を受け、順調なスタートを切った。接種後にアナフィラキシーなど重篤な症状を訴えた人はいなかった。集団接種は、当初は混乱を防ぐため土曜に1回目接種、日曜に2回目接種を予定していたが、土曜の午前中は診察をしている医療機関があるため医師、看護師の確保が難しいことから、当面は土・日曜で分けることなく1回目接種を実施し、3週間後の7月3日から2回目接種を始める予定としている。

 

 

 

関連記事

  1. 松本泰晟さんが全国2冠 中国語コンテストで壱岐高勢大活躍
  2. ふれあい広場は白紙撤回 芦辺中学校建設予定地を再検討
  3. 本市初の避難勧告発令 芦辺小など土砂崩れ11か所
  4. 国内初?馬形の青銅製品。原の辻遺跡から出土。
  5. 4合以下の瓶、回収変更へ。壱岐酒造協同組合。
  6. 鼓笛隊セット贈呈式 郷ノ浦幼稚園
  7. 海・陸料理が大集合 地域おこし協力隊が発案
  8. 密避けリモート鑑賞も。壱岐高文化祭「煌雪祭」。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP