地域情報

ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人 接種を目指す。

本市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が12日から壱岐の島ホール中ホールの特設会場で始まった。12日は午後のみの実施で60人、13日は午前・午後で114人が接種を受け、順調なスタートを切った。接種後にアナフィラキシーなど重篤な症状を訴えた人はいなかった。集団接種は、当初は混乱を防ぐため土曜に1回目接種、日曜に2回目接種を予定していたが、土曜の午前中は診察をしている医療機関があるため医師、看護師の確保が難しいことから、当面は土・日曜で分けることなく1回目接種を実施し、3週間後の7月3日から2回目接種を始める予定としている。

 

 

 

関連記事

  1. 中学生議員が一般質問。市子ども議会を開催。
  2. 壱岐の「 光 」を体験。フランス人アーティスト。
  3. 新庁舎建設を正式に見送り 特別委は議会のあり方で激論
  4. 観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。
  5. 壱岐市長選候補者③ 坂本 和久候補(51=無所属・新)
  6. 辰ノ島に8百人 タツノオトシゴ発見
  7. 離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表
  8. あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP