友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20222/14

たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ

芦辺町の株式会社コスモファーム(住吉節子代表取締役)が栽培する「壱岐王様バナナ」が収穫期を迎え、5日に初の収穫を行った。

同社は2020年11月から栽培。ハウス内には150株が並び、収穫期を迎えた株では、幹から伸びた枝から約20㌢の実が2百本ほどたわわに実った。

この日は幹から収穫した後、1~2本ごとに切り分けた。1週間ほど温度や湿度を管理した状態で熟成させて出荷される。

園では今後、実った分から順次収穫していき、年内に2万本の収穫を見込んでいる。現在は予約受付分の贈答用を出荷中で、価格は1箱(5~7本入り、1㌔、送料・税込み)で1万2千円。島内は1万1千円(同)。将来的には1本での販売や観光農園も予定している。

住吉代表(56)は、「9月の収穫を予定していたが、(長雨などで)5か月延びて皆で心配していたが、神様にお礼を言いたいくらい嬉しい。茎は焼酎にでき、葉には栄養が豊富にある。壱岐の中で手を携えて試行錯誤して商品にしていきたい」と話した。

水や温度、栄養などの管理を担当し、無農薬栽培のため、5㍉ほどの害虫を1匹ずつ駆除してきた白石彪雅さん(22)は収穫に喜びもひとしお。「収穫ができ嬉しく、安堵の気持ちです」と笑顔で語った。

また、初めての収穫にあたり、同社応援団長の華道家、假屋崎省吾さんは東京から「誠におめでとうございます。収穫を楽しみにしておりました。ますます頑張っていっぱい収穫をしていただきたいです」とメッセージを寄せた。

購入予約は同社ホームページやFAX(0920‐40‐0757)から可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る