友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

202010/12

ゴミから環境考える。塩津浜でボランツーリズム。

海岸の漂着ゴミを拾う第10回ボランツーリズムin壱岐(市主催)が3日、石田町の塩津浜海岸であり、五島、対馬、長崎など島外からの参加者を含め、210人が参加した。

壱岐島おこし応援隊チーム防人(中山忠治代表)が市から委託を受けて企画。新型コロナウイルスの感染予防のため、今回は参加者を県内に限定した。市内の中学生や高校生約150人も参加し、約300㍍の海岸線いっぱいに漂着したペットボトルや漁具の網など30立米分のゴミを2時間ほどかけて集めた。

友人と参加した五島市の公務員、石橋陽果さん(25)は「ハングル文字のペットボトルもあり、なぜ壱岐に流れ着くのかと思う。高校生の参加者も多く心強く思う」と話した。また、長崎大学環境科学部3年の菅野大輝さん(20)は「漁具も多く、市が漁師の方にこのような現状があると意思疎通したほうがいい」と話した。

清掃活動に続いて、ワークショップもあり、九州大学大学院生態工学研究室の清野聡子准教授の講演もあった。清野准教授は、プサン、ロシア、アラスカで日本の漂着ゴミが見つかっていることをあげ、「国という単位でできることにも限界がある。島は元々きれいだったのに、という疑問をぶつけながら(地域ごとの)ネットワークをつくってほしい」と呼びかけた。

最後に島外から参加したNPOなどが活動事例を発表し、今後も海ゴミの情報交換など連携を図ることにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20221/17

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出…

20221/17

「挑戦し続けます」 成人式で誓い新た

市成人式が9日、壱岐の島ホールであり、新成人の対象者261人のうち230人が出席。成人としての誓いを新たにした。 式では白川博一市長が…

20221/17

地鎮祭の跡も? 発掘現場で説明会 埋文センター

県埋蔵文化財センターはこのほど、本年度発掘調査現地説明会を原の辻遺跡北側の閨繰(みやくり)地区近くの調査現場で開いた。 市民約30人が…

20221/3

壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団

地域防犯リーダーの綿井信久さん(71)と盈科小学校交通少年団のメンバーらが24日、壱岐警察署に手作りの門松1対を寄贈。玄関前に飾った。 …

ページ上部へ戻る