地域情報

平均価格が4万6千円増 巻き返し傾向の子牛市場

JA壱岐市の定期10月子牛市場が1、2日、芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は74万8256円(牝64万1167円、去勢82万7489円)で、前回の8月市場と比べて約3万6千円の増加で、105・08%となった。取引総額は約7百万円減の4億5045万円だった。

3市場ぶりに増加に転じた。4月市場で18年12月以来2年4か月ぶりの84万円台を記録したものの、6、8月市場で大幅下落となり、70万円台維持に危機感が漂っていたが、一気に5%増。牝は4万円、去勢は3万円も上がり、生産者に安ど感が広がった。

9月18、19日の長崎県南市場は2・5%減の69万円台、21、22日の長崎平戸口市場は7・2%減の67万円台まで落ち込んでいたが、22、23日の宮﨑・高千穂市場は6・6%増の74万円台と、市場によるバラつきも出てきていた。

10月から緊急事態宣言などの発令が全面解除されたことに加え、壱岐家畜市場では8月市場から牛RSウイルス抗原を追加した新しい鼻腔粘膜ワクチン「TSV‐3」の上場牛全頭投与を行うなど市場改革にも本格的に取り組んできていることが、購買者の信頼を増した結果になったと思われる。

関連記事

  1. 「鬼は外、福は内」。一支国博物館で節分行事。
  2. 壱岐初のゲストハウスが開業 大川漁志・香菜さん夫婦
  3. 新芦辺中校舎は新築へ。市議会2常任委が連合審査会
  4. 大浜で書パフォーマンス 書道家・山口芳水さん
  5. 記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。
  6. 「人面石くん」がCMデビュー 女優・綾瀬はるかさんと共演
  7. 住吉神社で園遊会
  8. トライアル逆参勤交代。首都圏から10人が研修。

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP