地域情報

平均価格が4万6千円増 巻き返し傾向の子牛市場

JA壱岐市の定期10月子牛市場が1、2日、芦辺町の壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は74万8256円(牝64万1167円、去勢82万7489円)で、前回の8月市場と比べて約3万6千円の増加で、105・08%となった。取引総額は約7百万円減の4億5045万円だった。

3市場ぶりに増加に転じた。4月市場で18年12月以来2年4か月ぶりの84万円台を記録したものの、6、8月市場で大幅下落となり、70万円台維持に危機感が漂っていたが、一気に5%増。牝は4万円、去勢は3万円も上がり、生産者に安ど感が広がった。

9月18、19日の長崎県南市場は2・5%減の69万円台、21、22日の長崎平戸口市場は7・2%減の67万円台まで落ち込んでいたが、22、23日の宮﨑・高千穂市場は6・6%増の74万円台と、市場によるバラつきも出てきていた。

10月から緊急事態宣言などの発令が全面解除されたことに加え、壱岐家畜市場では8月市場から牛RSウイルス抗原を追加した新しい鼻腔粘膜ワクチン「TSV‐3」の上場牛全頭投与を行うなど市場改革にも本格的に取り組んできていることが、購買者の信頼を増した結果になったと思われる。

関連記事

  1. オリジナル切手販売 粋な島「壱岐」
  2. JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。
  3. 竹下紘夢さん壱岐高校進学へ。市長特別表彰で決意語る。
  4. 百㌔ウルトラマラソンを計画 白川市長行政報告
  5. 「壱岐なみらい創りプロジェクト」開始 子どもたちが未来像を描く
  6. 新聞配達で病人を発見。吉川、綿井さんに感謝状。
  7. 郵便局員に感謝状 詐欺を未然に防止
  8. 壱岐の子どもたちが大活躍。2016年十大ニュース

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP