友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20225/2

ゲストハウスに巨大壁画 仁太郎さんが2か月かけ制作

株式会社イースト(本社・東京都)が石田町筒城で運営するikibase Guest House(イキベースゲストハウス)で23日、ウォールアートプロジェクト完成お披露目会が開かれた。

イキベースは「アーティスト・イン・レジデンス」として芸術家の滞在を島外から受け入れ、制作・創作の場を提供するなどアートの視点から地域活性化に取り組んでいる。ウォールアートはその一環で、同施設の高さ6㍍、幅20㍍の壁面に、イラストレーター仁太郎さん(26)が壁画を制作した。

22、23日夜にはこの壁画をライトアップで彩り、壱岐高校、壱岐商業高校美術部の生徒や、地域の人たちが集まり鑑賞。ゲストハウス内には仁太郎さんの作品が展示された。

仁太郎さんは大分県の芸術系短大を卒業後、福岡県のグラフィックデザイン関係の会社に勤務していたが、昨年イラストレーターとして独立。今年はアミュプラザ長崎のメインビジュアル担当として採用されている。

壁画の完成は最後のサインを入れた23日だったが、制作は2月に2週間をかけて行われた。「シャッターアートの経験はあったが、これだけ大きな作品はもちろん初めての経験。地元の人の協力で足場を組んでもらい制作した。大変だったが楽しかった。壱岐を色々と案内してもらい、勝本のアイランドブルワリーに集う人々の出会いと交流を中心に、波、サンゴ、ツバキの花など壱岐の魅力を盛り込んだ」とコンセプトを説明した。

空港へ向かう県道からもよく見え、壱岐のアートな新名所になりそうだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

202210/3

竹下が27年ぶり大会新で優勝 福原も九州大会出場決める

陸上競技の県高校新人大会が16~18日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、壱岐高から25人、壱岐商から8人が出場した。 県高…

202210/3

昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展

昭和初期からの勝本浦の風景や人々の暮らしを写真でたどる「勝本浦の昭和・平成の記憶写真展」が勝本地区公民館で開かれている。入場無料で10月上旬…

202210/3

一部白化も新たな個体確認 環境省サンゴ礁を調査

長期的視点で生態系の変化を観察する「モニタリングサイト1000」のサンゴ礁調査が25日、本市海域で行われた。 国内の生態系の変化を観察し、…

20229/19

都道府県対抗中学バレー 県選抜に 郷ノ浦3年、松山凌大さん

第36回全国都道府県対抗中学バレーボール大会(12月25~28日、大阪市)に出場する県選抜選手に、郷ノ浦3年、松山凌大さんが選出された。本市…

ページ上部へ戻る