文化・芸術

出迎え・見送りでおもてなし オレンジレンジライブ歓迎委員会

 沖縄出身の男性5人組人気ロックバンド「ORANGE RANGE(オレンジ・レンジ)のコンサートツアー「Double Circle」が10日、壱岐の島ホールで開かれ、島外からの約600人を含む約1000人の観客で盛り上がった。
本市では2015年の「Bzライブ」開催時に歓迎委員会が結成され、その後も17年「TUBE」、18年「HY」、19年「BiSH」の来演時に、ファンの出迎え・見送り、のぼり旗やポスターの設置・掲示、島内の案内などを行ってきた。今回も同様のおもてなしが実施された。
9日夕方のジェットフォイルでメンバーとファンを乗せたジェットフォイルが郷ノ浦港に到着すると、オレンジレンジのヒット曲に合わせてアンマーズのメンバーや高校生ら約30人がダンスで出迎えた。オレンジレンジのHIROKIは「このような出迎えをして頂いて感激です。島の人の温かさと優しさに感動しました。きっと良いライブになります」と感激の面持ちで挨拶した。11日の離島時も同様に「お見送り」があり、HIROKIはツイッターで「至れり尽くせりとはこの事。壱岐は島外から来てくれた人々に対してのおもてなし精神が強いんだって。次のオリンピック開催地はここだろ絶対!」とつぶやいた。
10日の開演前は壱岐の島ホール周辺で、食紅とクチナシの実でオレンジ色に着色された餅で来場者らが餅つきを行った。またこのオレンジ餅を来場者に配り、ぜんざいのふるまいや、オリジナルうちわの配布、サインボードに思い出メッセージの書き込みなど、様々なイベントでライブを盛り上げた。
歓迎委員会の立川寛代表は「『この島が好きだから』ということが基本にあって、壱岐を選んでくれたアーティストやライブに来るファンに少しでも良いイメージを持ってもらいたい、島っていいなと思っていただければ」と話した。
ライブのステージでは壱岐高校、壱岐商業高校の吹奏楽部各4人、ダンスチーム「アンマーズ」のメンバー4人がオレンジレンジのメンバーとコラボして、演奏、ダンス披露を行った。

関連記事

  1. 中島潔絵画展が開幕 一支国博物館特別企画展
  2. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  3. 山口幹雄賞に植村德治さん 第65回市美術展覧会表彰式
  4. 県総文祭で優秀賞 デザイン部門で壱岐高2年、安永七海さん 歩きス…
  5. 約7時間の奉納 壱岐大大神楽奉納
  6. クロサワ映画で日本に興味 国際交流員、クラークさんに辞令
  7. 文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクー…
  8. 「光のラビリンス2」展開幕 光とアートの不思議な世界

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP