地域情報

ドローンについて学ぶ 操縦体験も 鯨伏でドローン教室

ドローン(無人航空機)に親しんでもらおうと、ドローン体験教室が24日、鯨伏小体育館などであり、地元の小学生や家族連れら約80人が参加した。

鯨伏地区まちづくり協議会(原英治会長)が主催し、一般社団法人マリンハビタット壱岐(田山久倫代表)と諫早市でドローンスクールなど展開する株式会社AIR Flight(谷川航仁代表、以下エアフライト)が共催した。

同校体育館には、手のひらに乗るものから1㍍を超える農薬散布用まで約10種類のドローンが用意され、エアフライトのスタッフが高所作業の現場や測量、夜間の災害時の捜索など広く使われていることを説明した。

続いてグラウンドでドローンを使って記念撮影をした後にサンドームの屋内テニス場で、球状のフレームに覆われたドローンを使って、操縦体験を行った。

設置された輪を通す体験で、子どもたちはスタッフに操縦を教えてもらいながら、何度も墜落しながらも見事に輪を通過させていた。

体験した同校6年の正路大賀さん(11)は、「初めてドローンを操縦しました。思ったより難しかったです。いろいろな使われ方をしているのを知れて勉強になった」などと話した。

 

関連記事

  1. 焼酎樽でプランター。はなⅰらんど。
  2. 4日から選挙戦スタート。30日投開票 壱岐市議選
  3. NHKラジオ公開収録 橋幸夫、門倉有希が出演
  4. 日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開
  5. 長蛇の列で即完売。壱岐焼酎プレミアム商品券。
  6. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  7. 議会は「庁舎建設が必要」と結論 採決は賛成11、反対3 庁舎建設…
  8. 小中学校の給食費無料化策を明言 白川市長が子育て改革案

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP