地域情報

ドローンについて学ぶ 操縦体験も 鯨伏でドローン教室

ドローン(無人航空機)に親しんでもらおうと、ドローン体験教室が24日、鯨伏小体育館などであり、地元の小学生や家族連れら約80人が参加した。

鯨伏地区まちづくり協議会(原英治会長)が主催し、一般社団法人マリンハビタット壱岐(田山久倫代表)と諫早市でドローンスクールなど展開する株式会社AIR Flight(谷川航仁代表、以下エアフライト)が共催した。

同校体育館には、手のひらに乗るものから1㍍を超える農薬散布用まで約10種類のドローンが用意され、エアフライトのスタッフが高所作業の現場や測量、夜間の災害時の捜索など広く使われていることを説明した。

続いてグラウンドでドローンを使って記念撮影をした後にサンドームの屋内テニス場で、球状のフレームに覆われたドローンを使って、操縦体験を行った。

設置された輪を通す体験で、子どもたちはスタッフに操縦を教えてもらいながら、何度も墜落しながらも見事に輪を通過させていた。

体験した同校6年の正路大賀さん(11)は、「初めてドローンを操縦しました。思ったより難しかったです。いろいろな使われ方をしているのを知れて勉強になった」などと話した。

 

関連記事

  1. 9人目の地域おこし協力隊員。いきっこ留学担当・大森さん。
  2. 消防車が一斉放水 各地区で消防出初式
  3. 人面石くんは238位 ゆるキャラグランプリ
  4. 来年4月から運賃低廉化。谷川、金子両議員が明言。国境離島新法報告…
  5. 壱岐産米をPR 一声運動スタート
  6. 「壱岐なみらい創りプロジェクト」開始 子どもたちが未来像を描く
  7. 任期満了で報告会 国際交流員ウエスト・トレバーさん
  8. 島内企業情報誌 中高2年生に配布

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP