地域情報

ドローンについて学ぶ 操縦体験も 鯨伏でドローン教室

ドローン(無人航空機)に親しんでもらおうと、ドローン体験教室が24日、鯨伏小体育館などであり、地元の小学生や家族連れら約80人が参加した。

鯨伏地区まちづくり協議会(原英治会長)が主催し、一般社団法人マリンハビタット壱岐(田山久倫代表)と諫早市でドローンスクールなど展開する株式会社AIR Flight(谷川航仁代表、以下エアフライト)が共催した。

同校体育館には、手のひらに乗るものから1㍍を超える農薬散布用まで約10種類のドローンが用意され、エアフライトのスタッフが高所作業の現場や測量、夜間の災害時の捜索など広く使われていることを説明した。

続いてグラウンドでドローンを使って記念撮影をした後にサンドームの屋内テニス場で、球状のフレームに覆われたドローンを使って、操縦体験を行った。

設置された輪を通す体験で、子どもたちはスタッフに操縦を教えてもらいながら、何度も墜落しながらも見事に輪を通過させていた。

体験した同校6年の正路大賀さん(11)は、「初めてドローンを操縦しました。思ったより難しかったです。いろいろな使われ方をしているのを知れて勉強になった」などと話した。

 

関連記事

  1. 県大会10連覇達成!! ポンプ車の部・芦辺地区第1分団 県消防操…
  2. ヘルパンギーナ流行 ウイルス性咽頭炎
  3. 4事業に国の助成 離島活性化交付金
  4. 久間総務部長が潔白を答弁。退職願、長期休暇を説明。市議会一般質問…
  5. 壱岐から東京五輪選手を 「子ども夢応援プラン」創設へ 市議会 一…
  6. 新庁舎は「那賀」か「亀石」 総工費試算は27~31億円 市庁舎建…
  7. いきっこ留学で小中学生10人。壱岐高校離島留学は12人。入市式で…
  8. 議会報告会改革が難航。初の常任委員会主催も不評。質問者2日間延べ…

おすすめ記事

  1. 「言論の自由」が暴走してはならない
  2. 2議案を可決 市議会予算特別委
  3. 髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

歴史・自然

PAGE TOP