友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20218/2

壱岐が2年連続ベスト8 壱岐商も小浜に善戦

43年ぶりベスト4を目指した壱岐は22日、準々決勝で海星と対戦。2‐12で5回コールド負けを喫したものの、昨夏に続き2年連続ベスト8に入った。

壱岐は1回表、1番吉田遥人(2年、勝本)が失策で出塁、2番辻村聖士(3年、石田)が送りバント、3番齋藤優輝(3年、芦辺)が左前打で1死一三塁とし、4番小畑仁誠(2年、石田)が犠牲フライを打ち上げ1点を先取した。小畑の兄は16年センバツ甲子園に海星の4番主将で出場した小畑翔大さんで、兄が在校した海星戦で意地を見せた。

だが2、3回戦を完封した先発・小嶋蒼(3年、石田)が海星打線に捕まる。1~3回にいずれもタイムリー長打を浴びて各1失点。4回からリリーフした赤木利玖(3年、石田)も4回に2ラン本塁打を喫した。

壱岐は5回表、無死満塁のチャンスをつかんだが、小畑のショートゴロ間の1点だけ。5回裏は赤木が制球に苦しみ失点を重ね、再び小嶋がマウンドに上がったが流れを止め切れず、無念のコールド負けとなった。

それでも2回戦で五島海陽に7‐0の7回コールド勝ち、3回戦はシード校の長崎日大相手に9番坂本夏唯(3年、郷ノ浦)のスクイズ、センター川上稜(2年、勝本)、セカンド永石帆楓(3年、石田)らのファインプレー連発、小嶋の粘り強い投球で2‐0と快勝し、壱岐の伝統である隙のない野球を大舞台で存分に発揮した。

壱岐商は2回戦で春季大会、NHK杯でともに準優勝した第3シード小浜と対戦。小浜のエース中野にノーヒットノーランを喫したものの、篠﨑柊太(3年、芦辺)が丁寧なピッチングで小浜打線を5安打7三振に抑え、守備陣も無失策で2‐0の僅差の勝負に持ち込んだ。部員不足で大会出場が危ぶまれた時期もあったが、今年は1年生が16人も加入。その1年生から4人がレギュラー出場し、今後に価値ある2回戦敗退となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20228/15

野球で勝本中が初の全国切符 東陵中破り第3代表に決定 九州中学校 体育大会

壱岐のアスリートが全国、九州、県の舞台で躍動した。4~6日に熊本県で開かれた九州中学体育大会軟式野球競技で、県中学総体優勝の勝本中は準決勝で…

20228/15

交通事故根絶への願い 壱岐署でヒマワリ大輪開く

壱岐警察署駐車場の花壇に植えてあるヒマワリが今月上旬、満開を迎え、大輪の花を開かせた。 平成23年、京都府内で4歳男児が犠牲となる交通…

20228/15

壱岐の魅力 新たな視点で 応募作品を展示「島の写真展」

郷ノ浦観光案内所2階で開催中の「島の写真展」で、市民や観光客が撮影した写真が展示されている。 写真展は市地域おこし協力隊の髙田望、田口…

20228/8

「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会

犬、猫の殺処分ゼロを目指す有志の団体、壱岐島わんにゃんお守り隊299(松嶋純子会長ら20人)が7月31日、初めて保護猫の譲渡会を柳田地区公民…

ページ上部へ戻る