スポーツ

福原(郷ノ浦)が2冠 県中総体陸上競技

県中学総体陸上競技が7月25、26日に諫早市のトランスコスモススタジアム長崎で開かれ、本市から郷ノ浦21人、勝本12人、芦辺16人、石田10の計59人が出場。2日間とも晴天となり、スタジアムの気温は34℃にまで上昇する厳しい競技条件の中、1年男子百㍍で福原悠吾(郷ノ浦)が12秒15で、1年4×百㍍リレー総括で郷ノ浦(加㔟田莉空、福原悠吾、森寺蓮、中山慶哉)が49秒93で、それぞれ優勝した。

関連記事

  1. 女子勝本が後半に逆転。男子石田は9年ぶり優勝。市中体連 駅伝大会…
  2. 壱岐市人事異動PDF(平成27年4月1日)
  3. 壱岐合宿で調整 九電工女子陸上部
  4. 松本汰壱が全日本出場決める。男子の郷ノ浦は連続準優勝。県中総体
  5. 市中体連事業計画 球技・剣道は5月14日
  6. リオ金メダルを約束 視覚障がいマラソン・道下選手
  7. 武生水が総合優勝 郷ノ浦町老人スポーツ
  8. 辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP