地域情報

任期満了で報告会 国際交流員ウエスト・トレバーさん

今月末で任期満了を迎える国際交流員=CIR=のウエスト・トレバーさん(24)が16日、芦辺町の壱岐テレワークセンターで活動報告会を開いた。

アメリカ・イリノイ州出身。2019年に本市のCIRに就任し、出前講座や学校訪問を通して市民への英語普及に尽力したほか、市の申請手続きや観光地の説明の翻訳、外国企業との面談での通訳、SNSでの情報発信に取り組み、昨年の台風災害では、外国人向けに英語で災害情報を発信するなど、外国人の住民、観光客への支援を行ってきた。

報告会でトレバーさんは、英語だけでなく中国語や韓国語での情報発信の強化やゴミ捨てや災害のマニュアルの活用などを提案。「8月から国際交流員は不在となるが、市内の国際化は進んでいる。コロナ終息後のインバウンド対策も必要と思う。早めに国際交流員の復活をお願いします」と述べた。

また、「西アメリカで壱岐を知らせたい。コロナ禍が終わった時には友人や家族と壱岐に遊びに来たい」と話し、報告会後は関係者と記念撮影、皆で活動を労った。

関連記事

  1. ふれあい広場は白紙撤回 芦辺中学校建設予定地を再検討
  2. 武原由里子さんが講演 父母と教職員の会
  3. 小中学生給食費無料化へ 来年度中の策定目指す
  4. 真邊慰霊碑を参拝 芦辺小全校児童
  5. 郷ノ浦中吹奏楽部生徒が入賞。まつうら音楽コンクール
  6. 国内初の農業版マルチワーカー JAが特定地域づくり事業協組設立
  7. 4市場ぶりに価格上昇。子牛市平均84万2千円。壱岐家畜市場
  8. 屋外映画館開館を目指して クラウド・ファンディングを15日まで募…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP