地域情報

任期満了で報告会 国際交流員ウエスト・トレバーさん

今月末で任期満了を迎える国際交流員=CIR=のウエスト・トレバーさん(24)が16日、芦辺町の壱岐テレワークセンターで活動報告会を開いた。

アメリカ・イリノイ州出身。2019年に本市のCIRに就任し、出前講座や学校訪問を通して市民への英語普及に尽力したほか、市の申請手続きや観光地の説明の翻訳、外国企業との面談での通訳、SNSでの情報発信に取り組み、昨年の台風災害では、外国人向けに英語で災害情報を発信するなど、外国人の住民、観光客への支援を行ってきた。

報告会でトレバーさんは、英語だけでなく中国語や韓国語での情報発信の強化やゴミ捨てや災害のマニュアルの活用などを提案。「8月から国際交流員は不在となるが、市内の国際化は進んでいる。コロナ終息後のインバウンド対策も必要と思う。早めに国際交流員の復活をお願いします」と述べた。

また、「西アメリカで壱岐を知らせたい。コロナ禍が終わった時には友人や家族と壱岐に遊びに来たい」と話し、報告会後は関係者と記念撮影、皆で活動を労った。

関連記事

  1. 志茂田景樹さんが講演 一支国じんけんフェス
  2. 壱岐産食材が家族亭チェーン76店舗に全国展開。ふるさと商社が大型…
  3. 県防災航空隊が消防本部と訓練。本市から派遣の江口隊員も。
  4. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  5. 片山触歴史読本。立石さんが発刊。
  6. 第2期生23人が巣立つ。こころ医療壱岐校卒業式。
  7. 中国語コンテストで6連覇 壱岐高の離島留学生 17日から 島内説…
  8. 壱岐高放送部が最優秀賞。県献血推進CMコンテスト。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP