友だち追加

© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20215/24

今年こそ、県中総体へ!!。市中体連球技・剣道大会。

第71回市中体連球技・剣道大会の7競技が15、16日、市内9会場で開かれた。昨年に引き続き会場の分散、消毒、3密の回避など新型コロナ対策を徹底しての実施となった。団体戦11種目は郷ノ浦6勝、勝本4勝、石田1勝だった。各競技の上位入賞校・個人は7月25~27日に開催される県中学総体に市代表として出場する。

バレーボール男子決勝は、予選で1、2位の郷ノ浦と石田が対戦。郷ノ浦の市山煌太主将(3年)のレフトからのスパイクなどで試合の流れをつかみ大会を制した。市山主将は「3年生の意地を見せてやろうと、絶対勝つという気持ちで(スパイクを)打った。県大会の目標はベスト8。あと2か月しっかりと練習していきたい」と話した。

バレーボール女子決勝は、勝本が村川マリア(3年)の高い打点からの強烈なスパイクで得点を重ね、予選に続いて石田を退けた。

若宮紅音主将(3年)は「1年間の全5大会優勝を目標に掲げてきたので、それが実現できたことが何よりも嬉しい」、エースアタッカーの村川さんは「みんなでバレーができて楽しかった。中学最後は県大会優勝で締めたい」と決意を述べた。

卓球女子個人戦で優勝した勝本の松尾結希那(3年)は得意のサーブを活かして試合を優位に進めた。「うれしい。ミスを少なくすることを心掛けた。県大会ではまずは1勝を目指したい」と目標を語った。

卓球男子団体は勝本が優勝。松永陽誉主将(3年)は「石田が力を付けてきていたので苦戦したが、連覇できて良かった」、土肥龍馬副主将(3年)は「ダブルスを取れたのが大きかった。県大会は楽しんできたい」と話した。

剣道男子個人戦で優勝した田中幸海(石田3年)は「2本勝ちで決めたかったので延長1本での決着は悔しさもある。得意のメンで決められたのは良かった」。女子個人戦優勝の中原菜月(石田3年)は「勝った時の達成感が剣道の魅力。県大会はベスト8を目指したい」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20225/23

ホタルが乱舞 今年も見頃早めか

今年もホタルの乱舞が始まった。13日は郷ノ浦町平人触公民館近くで午後7時半頃から川べりにホタルの光が見え始めた。市内のホタル初見はほぼ昨年と…

20225/23

災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―

壱岐署(藤永慎哉署長)と市、壱岐振興局、地元住民代表は2日、梅雨期を控えて石田町久喜触今井崎地区など市内4か所で災害危険箇所実地調査を行った…

20225/23

「救える命救いたい」 小野ヤーナさんら別府市へ受け入れ支援 市PTA連合会が 支援金を寄付

市PTA連合会(柴山琢磨会長)は13日、ウクライナの現地民への支援や日本への避難を支援している本市のNPO法人「Beautiful Worl…

20225/16

「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目

市地域おこし協力隊のメンバー5人が壱岐の住民にスポットを当てて紹介する「壱州人辞典」で、紹介された住民がこのほど目標の百人に達し、一冊の冊子…

ページ上部へ戻る