© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20196/28

大会出場補助金の再検討を。

前号の社説では子どもたちのスポーツ振興のために施設面での整備を要望したが、課題は他にもある。

ある小学校の野球部は素晴らしい実績を残しているが、来年以降を考えると深刻な部員不足に直面している。野球は最低でも9人の部員が必要だけに、規模の大きな小学校であっても、少子化やスポーツの多様化に苦慮している状況にある。運動部に所属していないある保護者に話を聞くと「子どもはとても野球をやりたがっているが、家庭の事情で入部させてあげることができない。ユニフォーム、グローブ、スパイクなどの道具は何とか揃えても、年に何度も遠征をする費用までとても捻出できない」と金銭面の負担が大きいことをその第一の理由に挙げていた。

市では「小・中学生スポーツ大会等出場補助金」を設けて、県大会以上の大会に出場する団体・個人に対して、1人当たり8500円を上限とする助成を行っているが、今年度から制度の見直しが行われ「同一の団体に対する補助金は、九州大会及び全国大会への出場を除き、年間2回までとする」との規定が加えられた。

各小・中学校に各々設置されているクラブ活動であれば、この回数制限もある程度仕方がない面はあるが、例えば壱岐少年サッカークラブなどは学校外の単独チームで島内での対戦はなく、百人を超える部員を有し、年齢別カテゴリーの大会にも多く出場している。「1団体2回」では補助金を受けられない選手も多い。ふるさと応援寄付金の使途で「子ども夢プラン応援助成金」が30年度は100万円あり、島外の遠征・合宿に活用できるが、それもごく一部の選手に限られている。

補助金見直しの理由として市は「社会体育の過熱が懸念されていることなどを考慮した」と説明しているが、子どもたちのスポーツでの活躍が市に元気をもたらしていることは、白川市長も認めていること。少なくともふるさと応援寄付金は、より子どもたちのために使ってもらいたいと思う。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/20

本市出身山川さんらが指導。ブラインドサッカー教室

壱岐サッカー協会は15日、筒城ふれあい体育館で「心をつなぐスポーツのチカラ~ブラインドサッカーから学ぶコミュニケーション~」を開催。壱岐少年…

20199/20

子ども議会復活を望む。

毎年、中学校の夏休みの最後に行われていた「子ども議会」が、今年は開催されないことになった。 子ども議会は、市内4中学校の代表者各4人、…

20199/20

郷ノ浦港に立体駐車場計画、白川市長が明言。市議会一般質問

市は、壱岐の玄関口である郷ノ浦港の再整備に本格的に取り組む考えを示した。11日の市議会定例会9月会議一般質問初日に、赤木貴尚議員の質問に答え…

20199/13

4種目で大会新記録。ナイター陸上競技大会

第41回ナイター陸上競技大会(壱岐陸上競技協会主催)が7日、大谷グラウンドで開かれ、5競技27種目に延べ約9百人が出場。4種目で大会新、1種…

20199/13

切っても切れない日韓関係。

日韓の政治的対立が、様々な問題を引き起こしている。目に見える問題としては対馬市の観光客数減少が挙げられる。同市は4日、8月に対馬を訪れた韓国…

ページ上部へ戻る