地域情報

団員に3つの誓い。交通少年団入団式

市交通少年団の今年度入団式(壱岐地区交通安全協会主催)が13日、壱岐の島ホールで開かれ、市内18校から4~6年生の計115人が団員に選ばれた。同少年団は1975年に結成され、今年で44期目となる。

今年はけがを伴う人身事故が市内で14件発生し、昨年同時期と比べ4件増加している。市校長会の豊島主博会長は児童の交通事故防止のため、団員に「交通ルールをしっかり守る、明るく元気な挨拶、手本となる姿を周りに広げる」の3つの誓いを授けた。

辻川凛団長(沼津6年)は「大勢の中から団長に選ばれた名誉と責任を感じ、自らルールを守っていくことと、友だちや下級生の交通指導を行って子どもの交通事故防止に努めます」と宣誓した。

閉会後は交通安全協会の指導員が団員に、横断する時の旗の振り方などを指導した。

関連記事

  1. また記録更新、68万1279円 8月子牛市場も価格高騰
  2. 7人の新人が競演。ニューイヤーコンサート
  3. 白川市長資産公開 給与所得1031万円
  4. Iki‐Bizが閉所。相談は3年間で2095件。
  5. 人口2万5千人割り込む。令和2年国勢調査。
  6. 壱岐高離島留学生らが出演。ラジオ「博多熱風塾」公開録音
  7. 人口減や施策を説明。黒﨑局長が中学校で講話。
  8. 日本最古イエネコの骨 一支国博物館で公開

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP