地域情報

団員に3つの誓い。交通少年団入団式

市交通少年団の今年度入団式(壱岐地区交通安全協会主催)が13日、壱岐の島ホールで開かれ、市内18校から4~6年生の計115人が団員に選ばれた。同少年団は1975年に結成され、今年で44期目となる。

今年はけがを伴う人身事故が市内で14件発生し、昨年同時期と比べ4件増加している。市校長会の豊島主博会長は児童の交通事故防止のため、団員に「交通ルールをしっかり守る、明るく元気な挨拶、手本となる姿を周りに広げる」の3つの誓いを授けた。

辻川凛団長(沼津6年)は「大勢の中から団長に選ばれた名誉と責任を感じ、自らルールを守っていくことと、友だちや下級生の交通指導を行って子どもの交通事故防止に努めます」と宣誓した。

閉会後は交通安全協会の指導員が団員に、横断する時の旗の振り方などを指導した。

関連記事

  1. 鎌崎で3匹発見。ヒョウモンダコに注意!。
  2. 原の辻ガイダンスお田植え祭に150人参加
  3. GW乗船客95・3%減少。九州郵船・博多‐壱岐航路。
  4. 「夢を実現させて恩返しする」 本市両高校で計210人が卒業
  5. 芦辺に3万平方㍍の土地取得 日韓トンネルフォーラム
  6. 婚活イベント「ミライカレッジ壱岐」が本格始動 11月14・15日…
  7. 長崎版画を体験 歴文移動博物館
  8. ユニークな婚活取り組み。アワードで本市を表彰。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP