社説

社説・唐津フェリーの早朝、深夜運航を

壱岐に来て丸3年が経過したが、先日、佐世保での高校野球を取材するため、初めて印通寺~唐津フェリーに乗船した。「エメラルドからつ」に乗船していたのは乗客約20人と乗用車1台、トラック2台のみ。船室はガラガラだった。
唐津港フェリーターミナルに到着したが、建物前にはバスもタクシーもいない。JR西唐津駅まで歩こうにも、案内板もない。スマホの地図を頼りに約15分で到着したが、駅を示す看板もなく、何とも不安な気持ちで歩かざるを得なかった。
そこから唐津、伊万里、有田と3回の乗り換えを経て、佐世保駅に到着したのは印通寺を出航してから5時間後だった。長崎市内へ行くにしても、ほぼ同様な時間が掛かる。
高校野球2試合が終了したのが午後2時半過ぎ。佐世保市営球場から松浦鉄道で佐世保に戻り、時刻表を見たが、この時間から唐津へ向かっても最終フェリーに間に合わない。結局、前日入りして2泊を余儀なくされた。同じ長崎県だというのに、その不便さを改めて痛感した。
市議会一般質問では唐津フェリーターミナルから長崎市内へ向かうバス「レインボー壱岐号」の再開を何人かの議員が要求したが、市長の答弁は「県に要望する」などにとどまっている。唐津が佐賀県であることも、長崎県からの要望で運航させることを難しくしているようだ。
それならばせめて、フェリーの運航時間を見直せないものだろうか。指定路線で1日5往復もしているのだから早朝便、深夜便を運航してくれれば、長崎市への日帰りも可能になる。ジェットフォイルは日没後の運航が不可能だが、フェリーであれば問題がないはずだ。
市航路対策委員会では印通寺~唐津フェリーの減便を要求しているが、せっかくの島民の足を敢えて少なくさせるよりも、より利便性を高めることの方が重要であるはず。経済的に航空機が使えない人、長崎、佐世保市内の病院に通院、見舞いに行っている人など、社会的弱者の声をまずは届けてもらいたい。

 

関連記事

  1. 社説 子どもにも日焼け対策は必要不可欠
  2. 去勢・避妊手術助成復活を。
  3. 「しまとく通貨」で再来島の仕掛けを。
  4. 社説・選挙の事前運動は新聞社も厳禁
  5. 自治体の知恵比べが始まった
  6. 壱岐をインスタ映えする島に。
  7. 壱岐と「令和」のつながり。
  8. 本質を見極める目が必要。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP