© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20192/8

今年も合宿オーディション。BiSHメンバーも参加。

昨年3月に本市で行われた芸能事務所WACK(東京都)の合宿オーディションが、今年も3月24日から30日まで、本市で開催されることが同事務所から発表された。合宿オーディションにはWACK所属メンバーから、BiSHのアユニ・D、GANG PARADEのヤママチミキら現役アイドル7人が参加することも決定。オーディション参加者は現在、募集が行われている。

昨年は3月12日から18日まで石田スポーツセンターを拠点に、アイドルを目指す24人が、BiSHのモモコグミカンパニーらとともに1週間の合宿生活を行いながら、歌唱、ダンスなどの審査、早朝マラソン、スクワット対決、人生ゲーム対決、激辛ソース入りの食事など生活も審査対象となり、やる気、根性、運、礼儀などが試され、毎日、数人ずつが脱落。9人が合格し、BiSなど3グループに加入した。その様子は24時間通してニコニコ動画で生配信された。またその動画は編集され、ドキュメンタリー映画「世界でいちばん悲しいオーディション」として1月11日から各地の映画館で公開されているが、壱岐には映画館がないことから、今年の合宿に合わせて3月4日に壱岐の島ホール大ホールで無料上映会が行われる。入場申し込みは現在、Iki‐Bizのホームページで受け付けている。

また、昨年のオーディション合格者発表は場所を移して大阪城音楽堂で行われたが、今年はオーディション最終日の3月30日に壱岐の島ホールで、2018年レコード大賞新人賞を受賞したBiSHをはじめWACK所属アーティストが一堂に会した入場無料ライブイベント「WACK EXHIBITION」の中で合格者も発表される。このイベント入場には壱岐島民枠も用意される予定で、申し込み方法の詳細は近く発表される。オーディションに合わせた全国からのファンクラブ・ツアーも企画されており、3月末の壱岐島はWACKアイドルたちの聖地と化す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20207/14

江戸文化の生活鮮やか。埋文センターで収蔵展。

県立埋蔵文化財センターのオープン収蔵展「長崎の近世×現代―出土品にみるくらしの今昔―」が3日、一支国博物館1階で始まった。観覧無料で10月1…

20207/14

観光拠点整備へ。遊覧船発着所も移転。勝本浦に埋立計画。

勝本町勝本浦の一部を埋め立てて、新たなまちづくりや観光拠点としての整備を進めていることが、県壱岐振興局と市への取材でわかった。 計画案…

20207/14

あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

あまごころ本舗㈱壱岐支店のあまごころ壱場が6月30日、閉店した。 閉店時間の午後5時に最後の客を見送ると、全従業員が入口前に並び、「あ…

20207/6

給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた県産魚の消費拡大を図ろうと、県は6月から学校給食への提供を始め、本市では7日にマダイが提供される予定…

ページ上部へ戻る