地域情報

フラ・パーティーに80人参加 筒城浜で情熱的な一夜

壱岐の夏を告げる名物となったフラダンス・パーティー「第4回Kokoke Hula in iki 2015」(同実行委員会主催)が18日、筒城浜ふれあい広場野外ステージで行われ、山形、東京、奄美大島などから18組、80人のダンサーが集結。星空の下、気持ちの良い潮風を浴びながら、華麗なダンスを披露した。開幕に先立ち、壱岐神楽も奉奏された。
対馬から参加した「フラ・ハラウ・オ・プアラニ・アロハ」は3回目の出場。「壱岐のこのすばらしいイベントがうらやましくて、今年は9月5日に対馬でもフラ・イベントを開催することが決まりました」と離島にフラの輪が広がっていることを紹介した。
福岡から初参加した「ローズ・マロウ」の中野キクヨさん、田中丸和子さんの2人はともに壱岐出身の同級生で、約60年ぶりに揃って帰郷し、イベントに出演した。2人は「福岡壱岐の会に出席したことがきっかけで、このイベントを知り、参加することになりました」と久しぶりの壱岐の空気を懐かしみながら、情熱的なダンスを踊った。
激しく腰を振る情熱的なタヒチアンダンスや、男性プロダンサーによる力強いダンス、和気あいあいとしたフラ教室なども行われ、たいまつに照らされたステージは夜遅くまで盛り上がった。

フラダンス(情熱的なタヒチアンダンスを披露するダンサー)

 

関連記事

  1. 小山陽人さんが最優秀。税に関する絵はがき。
  2. 高校生の文化芸術祭 一支国博物館で開催
  3. 走った・跳んだ・闘った 中体連陸上・相撲大会
  4. 230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク
  5. 青色のニホンアマガエル。23、24日博物館で生体展示。
  6. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」
  7. 定数16に20人が立候補。壱岐市議会議員選挙30日投開票。
  8. 「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP