© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化、その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的とした週間だ。

本市の障害者手帳所持者数は2400人前後で推移しており、人口の1割弱にのぼる。今年4月施行の「壱岐市障がい福祉計画(第5期)」の中でも、障害者週間に合わせてパンフレットの配布など社会的な障壁を除去するための情報提供を図っていくことなどが書かれている。行政の取り組みが重要なのはもちろんだが、市民の協力なしには計画推進は図れない。スーパーマーケットの駐車場の障害者用スペースに駐車をする一般車両が多く見られることは残念だ。一方で、このスペースに駐車している障害者マークを付けた車両を健常者1人が運転していたのを見かけたこともある。いずれも罰則規定はないが、マナー遵守が求められる。障害者に対しての配慮も必要だが、必要以上の壁を作ることも避けなければならない。

先日、NBCテレビ制作「新窓をあけて九州~ぼく、大輝、12歳~」を視聴した。県内に住む秋山大輝さんは生まれながらに骨形成不全症という骨が折れやすい難病を患い、外では車椅子での移動しかできず、手も自由には動かない。いまでも骨折への恐怖が常にあるものの、大輝さんも家族も常に笑い声が絶えず、大輝さんは不自由な手ながら昨年の全国規模の美術展の書の部で特賞を受賞。将来の夢は「小さい頃は空を見るくらいしかできなかったので、気象予報士になりたい」と話した。番組のナレーションも大輝さん自身が務めた。大きな障害を抱えていても、常に明るく前向きな大輝さんの姿を追った番組は、「心のバリアフリー」の重要さを改めて知らしめる素晴らしい出来栄えだった。再放送があるかもしれないので、ぜひ視聴してもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20204/3

市長職務代理を中止

白川博一市長は1日、任期満了に伴う市長選挙のため5日から12日まで予定していた眞鍋陽晃副市長への市長職務の代理を取り止めることを発表した。本…

20204/3

記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。

3月26日から27日にかけて日本海上空にある前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部は大気の状態が不安定となり、3月…

20204/3

疫病退散の願いを。原の辻で鬼凧揚げ。

好天に恵まれた3連休中の3月21日、原の辻王都復元公園の上空に8枚の鬼凧が優雅に舞った。春休みの帰省客ら数組も、遠くから凧の姿を見つけ、見物…

20204/3

市長選候補が討論会。テレビ、ラジオで放送。

活性壱岐討論会実行委員会(米倉真吾実行委員長=市商工会青年部、JA壱岐市青年部、市観光連盟青年部で構成)は3日午後7時から壱岐の島ホール中ホ…

ページ上部へ戻る