© 【公式】壱岐新聞社 All rights reserved.

20187/13

野上恵子さんと一緒に走った!十八銀行陸上部が教室開講。

十八銀行女子陸上部(吉井賢監督)のメンバーら8人が6月28日から7月5日まで、恒例となった壱岐合宿を行った。合宿に参加した選手は、3月の名古屋ウィメンズマラソン2018で5位(日本人3位)となり来年開催される東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ」への出場権を獲得し、今年8月のアジア大会(ジャカルタ)のマラソン女子日本代表にも選出されている野上恵子さん(32)をはじめ、キャプテンの山﨑なず菜さん、昨年10月のプリンセス駅伝メンバーだった富永あかりさん、立岩宇美さん、大久保麻紀さんの5人。

合宿中は大雨、台風など天候には恵まれなかったものの、筒城浜ふれあい広場ジョギングコース、原の辻ガイダンス周辺道路で1日30~40㌔の走り込みを行った。野上さんは「雨の中でも走れるし、走れない日は別のトレーニングもできるので、天候は気にならなかった。春まで大きな大会が続いたので、リフレッシュしながら、不足していた走り込みを行うことができた。壱岐合宿の参加は4回目だが、コース、環境が整っている上、市民の皆さんが応援してくれていることがすごく力になる。食べ物も最高。ここで蓄えた力で、アジア大会での優勝を狙いたい」と力強く宣言した。

また6月30日には、芦辺ランニングクラブに所属する小学生ら80人を対象に、壱岐島開発総合センター全天候型多目的施設で陸上教室を開催し、子どもたちにストレッチをしながら行うウォーミングアップの方法を教えた。山本聖子マネージャー(35)がマイクを持ち、選手5人がグループリーダーとなって子どもたちと一緒に練習を実践。歩き、走りながら行う様々なバリエーションのストレッチに、楽しみながら取り組んだ。野上さんは「子どもたちは本当に元気で明るい。私自身もリフレッシュできたし、名前も覚えてもらった。練習をしているうちに子どもたちの動きが変わってきた。しっかりとストレッチをやって、けがをしないように陸上競技を楽しんでもらいたい」と話した。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/16

女子郷ノ浦7位、男子勝本10位。県中学総体駅伝競走大会

県中学総体の第60回男子駅伝競走大会(6区間20㌔=1・6区4㌔、2~5区3㌔)と第35回女子同大会(5区間12㌔=1・5区3㌔、2~4区2…

201811/16

交通マナーの徹底を。

先日、交通安全協会の優良運転者表彰を取材した際、2人の受賞者が口を揃えて指摘していたことが「壱岐のドライバーはマナーが悪い」というものだった…

201811/16

白川市長と中村知事、滑走路延長で論戦。壱岐市から県知事要望。

壱岐市から県に対しての要望活動が12日、県庁特別応接室で行われ、市側からは白川博一市長、小金丸益明市議会議長、山本啓介県議らが、県からは中村…

201811/9

満席の会場は爆笑の渦。三遊亭歌之介独演会

一支国博物館の特別企画展「しまごと芸術祭2018」の一環で1日、落語公演「三遊亭歌之介独演会」が3階多目的ホールで開かれ、180席が満席とな…

201811/9

障害者週間を前に考えること。

12月3~9日までの1週間は「障害者週間」に指定されている。国民の間に広く障害者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経…

ページ上部へ戻る